Export キーワード

コマンドラインに Export またはショートカットの Exp を入力してください。

説明

Export は、ショーファイルのデータを卓のライブラリへ転送するための機能キーワードです。

ファイル名が指定されていない場合、リストのオブジェクト毎に、オブジェクト名/プロパティに基づいた名前で .xml ファイルが作成されます。

Export キーワードは、現在選択されているハードドライブに書き込みます。USBスティックにエクスポートするには、Backupメニューでそれを選択するか、コマンドラインで "selectdrive 4" と入力してください。この4は最初のUSBスティックです。

エクスポートされたファイルは、オブジェクト・タイプにしたがってフォルダにまとめられます。例: Effect フォルダ、Macro フォルダ、FixtureType (library フォルダ)。他のオブジェクトは、importexport フォルダに置かれます。

構文

Export [オブジェクト・リスト] ["ファイル名"] / [オプション] = [オプション値]

オプション

Export キーワードで使えるすべてのオプションを一覧表示するには、コマンドラインで以下のように入力してください。

[Channel]> Export /?

Export キーワードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット オプション値 説明
condition cnd Messages キーワード を参照 Messages キーワード を参照
noconfirm nc なし 確認ポップアップを出しません。
overwrite o なし フォルダ内にあるファイルを置換します。
path p 例: "/data/ma/actual/gma2/ImportExport" エクスポート先のパスを指定します。
schema なし なし MA .xml スキーマ定義をエクスポートします。
style   html、csv、default (timecode、messages、sequence、fixture、layer、および layers に対するスタイルシート付き xml) エクスポートするファイルのスタイルを指定します。
transform t なし ファイルを定義されたスタイルに変換します。

[Channel]> Export Macro 1 Thru 10 "MyMacros"

 

[Channel]> Export Effect 1