MidiNote キーワード

コマンドラインに MidiNote またはショートカットの Mn を入力してください。

説明

MidiNote キーワードによって、MIDI ノート・メッセージを、卓の背面パネルにある MIDI Out ポートから送出できます。
ポートについては、機器の外観 を参照してください。

コマンドラインにMIDIチャンネルを入力すると、それが用いられます。
MIDIチャンネルを指定しない場合、Setup -> Midi Show Control で設定されているチャンネルが用いられます。

コマンドラインにベロシティを入力すると、それが用いられます。
ベロシティを指定しないと、フル(127)が用いられます。

Off 補助キーワードを用いると、ノートオフ・メッセージが送出されます。

MIDI Remotes の設定については、リモート入力 を参照してください。

構文

MidiNote [ノートNo.]

MidiNote [MIDIチャンネル] . [ノートNo.]

MidiNote [ノートNo.] [ベロシティ]

MidiNote [MIDIチャンネル] . [ノートNo.] [ベロシティ]

MidiNote [ノートNo.] Off

MidiNote [MIDIチャンネル] . [ノートNo.] Off

MidiNote [ノートNo.] [ベロシティ] Off

MidiNote [MIDIチャンネル] . [ノートNo.] [ベロシティ] Off


特定のキューでMIDIノートを送出して、サウンド・ステーションをトリガーするとします。

必要条件

Sequence Executor シートを開き、CMD (= Command) 列に MidiNote 12 と入力してください。


Sequence Executor シート - MidiNote コマンド

キューが実行されると、MIDIノートが送出され、接続されているサウンド・ステーションがトリガーされます。