リモート入力

このトピックの内容

リモート入力の設定を行うには、Setup を押し、Show タブの Remote Input Setup をタップしてください。

ここには、Analog RemotesMIDI Remotes、および DMX Remotes という三つのタブがあります。

これらのタブの内容は、リモートのソースが異なるだけで、よく似ています。


Remote Input Setup - Analog Remote

一覧の各行は、一つのリモート入力に相当します。

各リモートタイプについては後述しますが、まず、三つタブに共通の列について簡単に説明します。

メニューの下部には五つボタンがあります。画面上でタップすることもできますし、メニューがモニタ画面1にある場合は、Xキーを用いることも可能です(ユーザ設定 の "Xkeys" 設定に依存)。
以下は、これらのボタンについての簡単な説明です。

各入力には、異なる動作を行う複数の行を設定することができます。

 

Analog Remote

Analog Remotes タブでは、grandMA2 卓、grandMA2 RPU、および MA onPC command wings の背面パネルにある DCリモート入力の設定を行います。卓と RPU には16個の、また MA onPC command wings には 12個の接点入力があります。

ピンに5〜15Vの直流電圧が印加されると、入力がトリガーされます。これは可変入力ではなく、十分な電圧が印可された場合にトリガーされます。入力が15ボルトを超えると、破損する可能性があります。

入力のハードウェア部分については、アナログ・リモートの接続 を参照してください。

Analog Remotes タブの一覧には、Input という列があり、ここに入力番号が表示されます。

 

MIDI Remote

MIDI Remotes タブでは、受信したMIDIノートが入力として用いられます。このタブの一覧には、NoteChannel という特別な列があります。これらは、MIDIノートとMIDIチャンネルの設定に用いられます。

TypeExec に、ButtonFader に設定されている場合、MIDIノートのベロシティは、エクゼキュータのフェーダ位置を設定するために使用されます。その他すべての入力は、単純なトリガーになります。

 

DMX Remote

DMX Remotes タブでは、DMXチャンネルがトリガーとして用いられます。DMXソースは卓自体でもかまいません。

このタブの一覧には、DMX という特別な列があり、ここで、DMXユニバースとチャンネルを指定します。

DMX値が128以上になると、入力がトリガーされます。Fader をトリガーした場合、DMX値がフェーダ位置を決めるために用いられます。