Protocol キーワード

コマンドラインに Protocol またはショートカットの Prot を入力してください。

説明

TProtocol は、ネットワーク・プロトコルにアクセスするためのオブジェクト・キーワードです。

ネットワーク・プロトコルを保存または削除したり、パラメータを割り当てたりできます。

詳しくは DMX のネットワーク・プロトコル を参照してください。

構文

[機能] Protocol [ネットワーク・プロトコルID] . [Row ID]

Assign Protocol [ネットワーク・プロトコルID] / [パラメータ] = [パラメータ値]

Assign Protocol [ネットワーク・プロトコルID] . [Row ID] / [パラメータ] = [パラメータ値]

以下は、利用可能なネットワーク・プロトコルとそれらのIDです。

プロトコル ID
Art-Net 1
ETC Net2 2
Pathport 3
sACN 4
Shownet 5
Kinet1 6

パラメータ

以下は、コマンド Assign Protocol [Network Protocol ID] / [パラメータ] = [パラメータ値] によって割り当てられるパラメータの一覧です。

プロトコル パラメータ パラメータ 値 説明
Art-Net, sACN, Kinet1 OutActive "On", "Off" 出力のオン/オフを設定します。
Art-Net, sACN, Kinet1 InActive "On", "Off" 入力のオン/オフを設定します。
Art-Net MaxUnicast 0〜10 OutputAuto モードの場合のみ
Art-Net がユニキャストからブロードキャストに切り替わるまでの、メンバーの最大数を割り当てます。
Art-Net, ETC Net2, Pathport, sACN, Shownet, Kinet1 Info "情報" 追加情報を割り当てます。
ETC Net2, Pathport, Shownet Active "On", "Off"

卓が、ネットワーク・プロトコルを送信または隠すかどうかを指定します。

ETC Net2, Pathport, Shownet LocalStart 1〜256 ネットワーク・プロトコルを送受信するDMXユニバースを割り当てます。
ETC Net2, Pathport, Shownet Amount

ETC Net2 and Pathport:
1〜64

Shownet: 1〜256 または "None"

ネットワーク・プロトコルを送信するDMXユニバースの総数を割り当てます。
ETC Net2, Pathport, Shownet ExternStart 1〜64 送受信するDMXユニバースを割り当てます。
ETC Net2 Groups 1〜6 ETC Net2 はマルチキャスト・グループを使って送信を単純化・最適化します。送信先グループを割り当てます。
ETC Net2, Shownet, Priority

ETC Net2: 1〜20

Shownet: 0〜16

競合発生時に、どれがノードをリッスンするかを決めるための優先度を割り当てます。
ETC Net2:
もっとも小さな番号が、最高優先度を持ちます。
Shownet:
DMX512スロットは、異なる優先度に割り当てられた複数の Netslotに パッチできます。 DMX512スロットは、HTPが選択されていない場合、最高優先度の Netslot のレベルを出力します。
ETC Net2, Pathport TTL 0〜255 TTL (Time to Live)
ネットワーク上でマルチキャスト・トラフィックが失効するまでに通過することが許されるルータ(ホップ)の数を指定します。ルータ(ホップ)毎に、始めに指定した TTL は1ずつ減っていきます。その TTL 値が 0 になると、各マルチキャスト・データグラムは失効し、ネットワークを通して他のサブネットへ送られなくなります。

 

以下は、コマンド Assign Protocol [Network Protocol ID] . [Row ID] / [パラメータ] = [パラメータ値] によって割り当てられるパラメータの一覧です。

Art-Net、sACN、Kinet1 のプロトコルでのみ利用できます。

Network Protocol パラメータ パラメータ 値 説明
Art-Net, sACN Mode Art-Net:
"OutputBroadcast", "OutputUnicast", "OutputAuto", "Input"
sACN:
"OutputMulticast", "OutputUnicast", "InputMulticast", "InputUnicast"
出力または入力モードを割り当てます。
Art-Net, sACN DestinationIP "1.2.3.4" OutputUnicast モードの場合のみ
デスティネーションIPアドレスを割り当てます。
Art-Net, sACN, Kinet1 LocalStart 1〜256 ネットワーク・プロトコルを送受信するDMXユニバースを割り当てます。
Art-Net, sACN, Kinet1 Amount 1〜256 ネットワーク・プロトコルを送受信するDMXユニバースの総数を割り当てます。
Art-Net Network 1〜128 ネットワークを割り当てます。
Art-Net Subnet 0〜15 サブネットを割り当てます。
Art-Net Universe 0〜15 ユニバースを割り当てます。
Art-Net, sACN Delay(ms) 0.000〜5.000 出力モードの場合のみ
パケット間のディレイをミリ秒単位で割り当てます。
sACN sACNUniverse  1〜64000 sACN ユニバースを割り当てます。
sACN Priority 0〜200 or "None" 競合発生時に、どれがノードをリッスンするかを決めるための優先度を割り当てます。もっとも大きな番号が、最高優先度を持ちます。
sACN Protocol "Final" または "Draft" sACN プロトコルを割り当てます。一部の機器は、最終リリース前の sACN ドラフト版を実装しています。
sACN TTL 0〜255 TTL (Time to Live)
ネットワーク上でマルチキャスト・トラフィックが失効するまでに通過することが許されるルータ(ホップ)の数を指定します。ルータ(ホップ)毎に、始めに指定した TTL は1ずつ減っていきます。その TTL 値が 0 になると、各マルチキャスト・データグラムは失効し、ネットワークを通して他のサブネットへ送られなくなります。
sACN, Kinet1 Info "情報" 追加情報を割り当てます。
Kinet1 ExternStart 0〜255 または "None" 送信されるユニバース番号を割り当てます。
Kinet1 IPAddress "1.2.3.4" IPアドレスを割り当てます。

[Channel]> Assign Protocol 4 /outactive=on

 

[Channel]> Assign Protocol 1.1 /mode=outputauto /localstart=9 /amount=2 /network=1 /subnet=0 /universe=9