DMXネットワーク・プロトコル

システムのDMXポートの代わりに、またはDMXポートとともに、ネットワークDMXプロトコルを用いてDMXを送受信できます。

これはすべて、Network Protocols メニューから制御されます。Setup キーを押し、Network Protocols ボタンをタップすると、下のようなメニューが開きます。


Network Protocols メニュー - Art-Net タブ

grandMA2 は、以下のDMXネットワーク・プロトコルをサポートしています。Network Protocols には、各プロトコルに対応するタブがあります。

Art-Net:
送信と受信の両方を行います。いくつかの範囲のユニバースで、異なる設定を行えます。

ETC-Net2:
送信のみを行います。ユニバースの範囲は一つだけです。

Pathport:
送信のみを行います。ユニバースの範囲は一つだけです。

sACN: (streaming ACN)
送信と受信の両方を行います。いくつかの範囲のユニバースで、異なる設定を行えます。

Shownet:
送信のみを行います。ユニバースの範囲は一つだけです。

KiNET:
送信のみを行います。いくつかの範囲のユニバースで、異なる設定を行えます。

 

ネットワークのDMXデータを送受信するのは、常にセッションのマスターです。

各ネットワーク・プロトコルには、少なくとも一つの設定行があります。プロトコルがサポートしている場合は、より多くの行があるかもしれません。

Network Protocols の一般的なボタン

画面の右側には、最大で三つのボタンが表示されます。

Art-Net、sACN、および KiNET の場合、画面の下部に Add および Delete というボタンが表示され、一覧で設定行を追加したり削除したりできます。

Network Protocols での一般的な設定

以下の設定は、種々のプロトコルで共有されています。

 

Art-Net

Art-Netは、Artistic License (http://www.artisticlicence.com)によって開発されたロイヤリティフリーのプロトコルです。

MA では、Art-Net 1、2 および 3 をサポートしています。

Art-Net 3 は、256 ユニバースからなる 128 のネットワークを提供します。ネットワーク番号が 1 に設定されている場合、Art-Net 1 および 2 と互換性があります。

Art-Net ウィンドウで行を追加するには、Add をタップします。不要な行を削除するには、それを選択し、Delete をタップしてください。

各行に対して、いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

 

Mode を選択すると、Art-Net ラインの機能が変更されます。セルを編集すると、上述のような選択肢を持つポップアップが開きます。


Select Mode ポップアップ - Art-Net モード

最後の "Input" を選ぶと、Art-Net DMX入力がシステムにマージされます。

Art-Net によるDMX出力では、ユニバース毎に、ブロードキャストまたはユニキャストのネットワーク・トラフィックの自動検出と手動設定に対応しています。

重要
Art-Net は、イーサネット・コネクタ2から送信されます。onPC では、ソフトウェアによって設定されるため、有効な Art-Net IPアドレスを作成する必要はありません。コンピュータに有効な Art-Net アドレスがある場合は、そのアドレスが用いられます。また、複数の有効なアドレスがある場合、最初に見つかったアドレスが用いられます。
イーサネット・コネクタ1に、有効な Art-Net IPアドレスを指定しないでください。

ETC-Net2

ETC-Net2 は、ETC (Electronic Theater Control - http://www.etcconnect.com) によって開発され、1997年に導入されました。

MA は、ETC-Net2 として、DMXユニバースの一つの範囲の送信に対応しています。これは、古いETCディマーやDMXノードとの通信に対応するために実装されています。レシーバが対応している場合は、sACN を利用した方が良いかもしれません。

いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

Pathport

Pathport は、Pathway Connectivity (http://www.pathwayconnect.com)によって作られました。

MA は、Pathport として、DMXユニバースの一つの範囲の送信に対応しています。これは、古い Pathway DMX ノードとの通信に対応するために実装されています。レシーバが対応している場合は、sACN を利用した方が良いかもしれません。

いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

sACN (streaming ACN)

ACN (および streaming ACN)は ANSI/ESTAの国際標準です。
詳しくは、http://en.wikipedia.org/wiki/Architecture_for_control_networks を参照してください。

ACN (Architecture for Control Networks) はプロトコル・スイートです。これは、現在 grandMA によってサポートされていない多くの要素を含んでいます。しかし、ACN プロトコルには、DMXデータを転送するための簡易バージョンもあります。これは、'Lightweight streaming protocol for transport of DMX512 using ACN'、より一般的には "streaming ACN" または "sACN" と呼ばれています(国際標準 E1.31)。

 

いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

Mode

Mode のセルを編集すると、上述の入出力モードを選択できるポップアップが開きます。


Select Mode ポップアップ - sACN モード

入力と出力のいずれかを選択でき、それぞれについてユニキャストまたはマルチキャストに指定できます。

grandMA2 卓の sACN 入力は、優先度を無視します

Shownet

Strand Shownet は、Strand Lighting (http://www.strandlighting.com) によって作られたプロトコルです。

MA は、Shownet としてDMXユニバースの一つの範囲の送信に対応しています。レシーバが対応している場合は、sACN を利用した方が良いかもしれません。

いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

重要
Shownet は、ブロードキャスト・プロトコルですが、 Ethernet 1 のコネクタから送信されます。

KiNET

KiNET は、Philips Color Kinetic (http://www.colorkinetics.com/)によって開発されたプロトコルです。

MA は、DMXユニバースのいくつかの範囲の送信に対応しています。

いくつかの選択肢があります(ここでは 上述の一般的な設定 にないものだけを説明)。

重要
KiNET は、ブロードキャスト・プロトコルですが、 Ethernet 1 のコネクタから送信されます。