StoreLook キーワード

コマンドラインに StoreLook またはショートカットの StoreL を入力してください。

説明

StoreLook は、ショー内の全フィクスチャからすべてのディマー値を保存します。

ディマー値が0より大きい場合、すべての付加的アトリビュートを保存します。
ディマー値が0の場合、目に見える付加的な出力がないため、ディマー値だけを保存します。

ヒント
StoreLook からチャンネルやフィクスチャを除外するには、Patch & Fixtures Schedule で React to Master を無効にしてください。

詳しくは 保存オプションとデフォルト を参照してください。

StoreLook は機能キーワードです。

構文

StoreLook [オブジェクト] / [オプション] = [オプション値]

オプション

Storelook キーワードで使えるすべてのオプションを一覧表示するには、コマンドラインで以下のように入力してください。

[Channel]> StoreLook /?

Storelook キーワードには、以下のオプションがあります。

オプション ショートカット オプション値 説明
append a なし 新しいキューを追加。
cueonly co False, True 前方トラッキングに変わるのを防止。
effects ef False, True Effect レイヤを有効にして保存を制限します。
merge m なし 既存内容に追加します。
originalcontent or False, True プリセット、エフェクト、キューの元の内容を保存します。False の場合、addnewcontent と同じです。
overwrite o なし 既存内容を置換します。
release rea なし 内容を解放します。
remove r なし 内容を削除します。
source so Prog, Output, Dmx In データ・ソースを指定します。
statusmerge sm なし 既存キューにトラッキング状態を追加します。
tracking t False, True トラッキングで保存します。False の場合、cueonly と同じです。
trackingshield ts なし Storelook に対して Tracking Shield を使用します。
values v False, True Value レイヤを有効にして保存を制限します。
valuetimes vt False, True Fade および Delay レイヤを有効にして保存を制限します。

[Channel]> StoreLook Executor 1