Store Options とデフォルト

キューを保存する場合、いくつかのオプションが用いられます。

各ユーザ(プロファイル)は、自身のデフォルト・オプションを持つことができます。

保存の際に、Store Options の特定のセットを用いるコマンドを追加することもできます。

このトピックでは、キューの保存に関するオプションについて説明します。これらのうちの一部は、他のキューがどのように応答するかに影響します。トラッキングに関する要素については、トラッキングとは で述べられています。

Store Options

デフォルトの Store Options は、Setup キーを押してから、User タブの下にある Store Options を押すと開きます。


Store Options

下部には、"Data Source" と "Use Selection" という二つのセクションがあります。ここでは、これらのセクションについて説明します。

"Presets" オプションについては、プリセットの作成 で述べられています。 また、"If not Empty" については、キューの保存 で述べられています。

Store Filter については、フィルタとは で述べられています。Cue OnlyTracking Shield については、トラッキングとは で述べられています。Pisition データ(Active Position DataXYZ、および Pan/Tilt)は、XYZ位置プログラミングが有効な場合に関係します。詳しくは XYZ を参照してください。

Data Source

これは、保存の際に用いられるソースです。

Use Selection

これは、保存の際に、ソースからどの値が用いられるかを決めます。

 

Temporary Store Options

Store Options は、一時的なポップアップとして開くこともできます。

Store キーを約1秒間長押しすると、これが開きます。

これは、タイトルバーに二つのボタンが加わる点を除けば、通常の Store Options と同様の表示になります。

一つは、ポップアップを別のモニタ画面に移動させるための "Change Screen" ボタンです。

もう一つの Save as Default ボタンは、現在の設定を、新しいデフォルトのオプションとして現在のユーザプロファイルに保存します。

 

Store エンコーダ・ツールバー

"Store" がアクティブなキーワードの場合、下のような Store エンコーダ・ツールバーが表示されます。


Store エンコーダ・ツールバー - Page 1 Basics

上部には多くのボタンがあります。以下で、左から順に簡単に説明します。

ツールバー下部には、四つのオプションがあり、エンコーダで調整できます。

最初のページでは、"Fade"、"OutFade"、"Delay"、"OutDelay" になります。ここでの値は、保存動作が行われるときに用いられます。

上述のように、エンコーダ・ツールバーには、二つのページがあります。2番目のページは下のようになります。


Store エンコーダ・ツールバー - ページ2

ツールバーの下部だけが変わります。

エンコーダは、"SnapPercent"、"CmdDelay"、"Trig"、および "TrigTime" の値を制御します。