Timecode キーワード

Macro Macroと押すと Timecode キーワードになります。

あるいは、コマンドラインに Timecode またはショートカットの TC を入力してください。

説明

Timecode キーワードは、デフォルトでタイムコードを選択します。

Timecode キーワードで、タイムコード・ショーに対して以下のことが可能です。

Timecode はオブジェクト・キーワードです。

詳しくは タイムコード を参照してください。

構文

[機能] Timecode [ID]

Assign Timecode [ID] / [パラメータ] = [パラメータ値]

パラメータ

以下は、Assign キーワード によって割り当てられるパラメータです。

パラメータ パラメータ 値 説明
Name "タイムコード・ショー名" タイムコード・ショーに名前を付けます。
Slot "Intern" (-1), "Link Selelcted" (0), "1", "2", "3", "4", "5", "6", "7", "8" タイムコード・ショーをタイムコード・スロットに割り当てます。
Length 0s 〜 255h59m58.96s タイムコード・ショー全体の長さを指定します。
Offset 0s 〜 255h59m58.96s タイムコード・ショー全体を先へずらすために、オフセットを指定します。
Runs "Endless Repeat" (0),
"No Repeat" (1),
2〜1000
内部クロックに同期しているタイムコード・ショーに対してのみ。
タイムコード・ショーをどのように実行するかを指定します。
  • エンドレス実行(無限に繰り返し)
  • 1回実行して停止(繰り返しなし)
  • 回数を指定(2 〜 1000)
SwitchOff "Playbacks Off",
"Keep Playbacks"
タイムコード・ショーがオフになったとき、タイムコード・ショー中に動作していたプレイバックをどうするかを指定します。
  • オフにする (Playbacks Off)
  • そのまま (Keep Playbacks)
StatusCall "On", "Off"

タイムコードショーの動作を指定します。

  • タイムコードに即座に同期(on)
  • イベントに達したときに実行(off)
TimeUnit "1/100 Seconds", "24 FPS", "25 FPS", "30 FPS" グラフィック表示モードでのタイム単位を指定します。
WhenEnding "Stop", "Pause" 内部クロックに同期しているタイムコード・ショーに対してのみ。
タイムコードショー記録の残り時間がなくなったとき、どうするかを指定します。
WhenStopping "Do Nothing", "Rewind" タイムコード・ショーが停止したときの動作を指定します。
AutoStart (外部タイムコード・スロットでのみ使用可能) "Off", "On" 外部ソースに同期している場合にのみ利用可能。
タイムコード信号が受信されると、タイムコード表示がオフモードから再生モードに切り替わります。
User Bits 0 〜 FFFFFFFF, 0 〜 4294967296 外部ソースに同期している場合にのみ利用可能。
ユーザビットによって、例えばもう一つのタイムコード・ストリームなど、種々の情報を送れます。これによって、複数の入力タイムコード・ストリームを識別できます。
Info "情報テキスト" 追加情報を割り当てます。

[Channel]> Store Timecode 2

[Channel]> Record Timecode 2

記録中のプール・オブジェクト

 


[Channel]> Go Timecode 2

再生中のプール・オブジェクト

 


[Channel]> Top Timecode 2

[Channel]> Label Timecode 2

Enter Name for Timecode ポップアップ

 


[Channel]> Assign Timecode 1/Slot = 3