マクロの例

ここでは、いくつかのマクロの例を見てみましょう。

大部分は、定義済みマクロにあるものです。マクロのインポートについては、定義済みオブジェクトのインポート を参照してください。

+05

この短いマクロは、選択されているフィクスチャのディマー値を単純に5%上げます。

No. CMD Info
1 At + 5  

 

Executor CLI = off

このマクロは、Setup の Local SettingsExec CLI 設定を Off にします。

No. CMD Info
1 Assign Root ."Settings"."Local" /ExecCLI=off  

Local Settings の "ExecCLI" オプションに新しい値が割り当てられます。"Settings" と "Local" という名前によって Local Settings が指定されています。

ExecTime on/off

このマクロは、モニタ画面2の右下隅に表示される Executor Time フェーダのオン/オフを交互に切り替えます。

No. CMD Info
1 Toggle SpecialMaster "grandmaster"."exec time" Toggles the "Set Time" function on the Executor Time fader.

これは、"Grand" マスター・グループの "Exec Time" という特殊マスターにコマンドを送ります。

 

Replace Fixture in Sequence

特定のシーケンスで、フィクスチャを別のものに置き換えたい場合に、このマクロを利用できます。

No. CMD Info
1 Replace Fixture (old Fixture?) With Fixture (New Fixture?) If Sequence (Sequence number?)  

このマクロでは、古いフィクスチャ番号、新しいフィクスチャ番号、そしてシーケンス番号を尋ねる三つのポップアップが用いられます。マクロが括弧部分に達すると、ポップアップが出ます。そのタイトルバーには、括弧内のテキストが表示されます。

 

Preset Live Fade

このマクロは、2秒でプリセットにフェードインします。マクロをタップしてから、プリセット・プールでフェードしたいプリセットをタップします。

No. CMD Info
1 On SpecialMaster "grandmaster"."program time" Turn on the Program Time fader
2 SpecialMaster "grandmaster"."program time" At 2 Sets the Program time to 2 seconds
3 At Preset @ Selects a preset - waiting for the user to select a preset
4 Off SpecialMaster "grandmaster"."program time" Turn off the Program Time fader

最初の2行で、Program Time フェーダをオンにし、フェードタイムを2秒に設定しています。3行目では、"At Preset" の部分をコマンドラインに入れ、プリセットがタップされるのを待ちます。そして最後の行で、Program Time フェーダをオフにします。

 

Set Show Running Status

このマクロは、ショーを開始するための準備を行うコマンドの例です。

No. CMD Info
1 ChangeDest "settings" Enters the settings
2 Assign "Global" /Telnet= "Login Disabled" Turns off telnet connections
3 Assign "Global" /Remotes= "Login Disabled" Disables remote access
4 Assign "Global" /Agenda= "stopped" Turns off any agendas
5 ChangeDest / Exits the settings
6 Highlight Off  
7 Solo Off  
8 Blind Off  
9 BlindEdit Off  
10 PreviewEdit Off  
11 Off Executor 0.1.1 Thru Turns off all the executors
12 World 1 Goes into the full world
13 ClearAll Clears the programmer
14 ResetDmxSelection This clears the selection in the DMX tester
15 Off DmxUniverse Thru This clears the values in the DMX tester
16 SpecialMaster "grandmaster"."Grand" At 100 Sets the grand master to 100%

これは、ショー開始マクロの基礎として利用できます。16行目以降に独自の行を追加して、例えば、関連するエクゼキュータをオンにしたり、それらが適切なキューになっていることを確認したりできます。

 

SaveShow Enumerate

これは、定義済みマクロではありません。

このマクロを用いると、マクロを実行するたびに、連番を付けてショーを保存できます。

最初の実行では番号1でショーが保存され、それに続く連番付けが始まります。

使用する場合は、4行目を編集して、ショーファイルのベース名("My Show_" の部分)を指定してください。

また、マクロの名前を "SaveShow Enumerate" にするか、あるいは、2行目を編集してマクロ名と一致させる必要があります。

No. CMD Info
1 SetVar $show_number = 0 This defines a counter variable
2 Assign Root ."Macros"."Global"."SaveShow Enumerate".1 + 2 /Disabled="Yes" This line will turn disable line 1 and 2 after the first run of the macro.
3 AddVar $show_number = 1 This adds 1 to the counter.
4 SetVar $show_name_base = "My Show_" This is the base name. Numbers will be added to this.
5 SetVar $show_name_current = $show_name_base This create a new variable with the "base" name.
6 AddVar $show_name_current = $show_number This adds the number to the name variable.
7 SaveShow $show_name_current /nc This saves the show with the name. "/nc" suppresses any pop-ups.

このマクロでは、変数の使い方や、AddVar コマンドで変数に文字列を追加する方法を確認できます。