Warper

ワーパーを用いると、曲面領域の画像出力を歪めたりまっすぐにしたり、画像の選択部分の伸縮や回転を行ったり、投影の一部を切り抜いたりすることができます。