エンコーダ設定

encoder を長押しすると、エンコーダ設定に移ります。キーを押している間、ポップアップが表示されます。

エンコーダバーの設定は、大きい部分と小さい部分の二つに分かれています。


エンコーダ設定 - 大きい部分

エンコーダ設定 - 小さい部分

小さい部分は、すべての画面で表示されます。大きい部分は、モニタ画面2でのみ表示されます。


ディマーホイールのモード

ディマーホイールのモードは、エンコーダ設定か、あるいは SetupUser タブの Settings で設定できます(Dimmer Wheel Mode)。

ディマーホイールのモードは、以下の四つうちから選べます。

Additive (= デフォルト):
ディマーホイールによって、0%または100%に達するまでは、ディマー値の差が維持されます。0%または100%に達すると値が揃います。


チャンネル1の値が50、チャンネル2が60の場合、ディマーホイールで両チャンネルを100まで上げた後に下へ戻すと、両方とも100から同時に同じレベルに下がります。

Incremental:
ディマーホイールによって0%または100%に達した場合でも、ディマー値の差を内部的に保持しています。


チャンネル1の値が50、チャンネル2が60の場合、ディマーホイールで両チャンネルを100まで上げてから下に戻すと、チャンネル1がまず下がり始め、それが90になったときにチャンネル2が続いて下がります。

Prop.+ (ポジティブな比例):
ディマーホイールでディマー値を上げていくと、値の差が大きくなります。値を下げていくと、すべてのチャンネルが同時に0%になります。

Prop.- (ネガティブな比例):
ディマーホイールでディマー値を上げていくと、値の差が小さくなります。100%にすると、すべてのチャンネルが同時に100%になります。


ディマーホイールの分解能

ディマーホイールの分解能は、エンコーダ設定か、あるいは SetupUser タブの Settings で設定できます(Dimmer Wheel Resolution)。

ディマーホイールの分解能では、ディマーホイールが機能するかどうかを設定できます。


トラックボールの分解能

トラックボールの分解能は、エンコーダ設定か、あるいは SetupUser タブの Settings で設定できます(Trackball Resolution)。

トラックボールの分解能には、以下の三つの選択肢があります。


エンコーダの分解能

エンコーダ設定の大きい部分の下部にあるボタンで、各アトリビュートに対するエンコーダの分解能を設定できます。例えば、Dimmer は Fine、Pan は Normal というように、個別の設定が可能です。

エンコーダの分解能は、エンコーダ・ツールバー で設定することもできます。

エンコーダの分解能を設定するもう一つの方法は、Setup を押して Patch & Fixture Schedule をタップし、右側にある Fixture Types をタップし、さらにそこで右側の Attributes & Encoder Grouping をタップ、左上の List of Preset Types でプリセットタイプを選び、左下の Attributes of FeatureEncoder Resolution 列のセルを編集します。

エンコーダの分解能には、以下の三つの選択肢があります。

Ultra:
エンコーダの1ステップが0.4になります。

Fine:
エンコーダの1ステップが0.1になります。

Normal:
エンコーダの1ステップが0.5になります。


モニタ画面1のタッチ機能の無効化

モニタ画面1のタッチ機能を無効にするは、以下のようにします。

モニタ画面1のタッチ機能が無効になります。


ダイアログをデフォルト画面に切り替える

この機能は、ダイアログをデフォルトの画面に戻すために用いられます。ほとんどの画面のデフォルトは、モニタ画面1です。
外部画面が接続されていて、ダイアログを画面5に移動していたような場合、デフォルトの画面に切り替えられると便利です。外部画面がない卓に移った場合、そのままでは、そのダイアログにアクセスできません。

ダイアログを、それらのデフォルト画面に戻すには、以下のようにします。

次はそれらのデフォルト画面で開かれます。

Menu キーワード を用いることによっても、ダイアログをデフォルトの画面に切り替えられます。


画面のクリア

エンコーダ設定ポップアップを用いて画面をクリアするには、以下のようにします。

ボタンをタップした画面がクリアされます。

画面をクリアする別の方法については、ユーザ定義エリア を参照してください。


すべての画面のクリア

すべての画面をクリアするに、以下のようにします。

すべての画面がクリアされます。