フォルダ構造

grandMA3 ソフトウェアは、内部または外部ドライブにデータを保存する際に、想定された構造を維持するために、デフォルトのフォルダ構成を用います。

ヒント
このトピック、およびマニュアルの他のトピックでは、特定のフォルダ名を gma3_x.y.z というように表記しています。この "x.y.z" の部分は、実際にインストールされているバージョン番号に読み替えてください。インストールされているバージョンが v1.4.2.1 の場合、このフォルダ名は gma3_1.4.2 になります。

メインフォルダ

The main folder where all grandMA3 user data is stored by default appears using different labels depending upon the type of drive. This folder can be found under the following names and locations:

USBドライブ:

卓、または grandMA3 onPC が動作しているコンピュータに接続されているUSBドライブでは、メインフォルダが grandMA3 という名前でルートに表示されます。

The full folder structure is created once the drive is connected to the station and selected in the system. There are many ways to select the drive, including the Backup menu, any menu allowing import or export, or the Select Drive [Drive Number] command. 詳しくは Drive キーワード を参照してください。

grandMA3 onPC 動作中コンピュータの内部ドライブ:

The full folder structure is created as part of the software installation process.

grandMA3 onPC が動作しているコンピュータの内部ドライブには、MALightingTechnology という名前のメインフォルダが表示されます。

macOS が動作しているコンピュータでは、以下の場所にメインフォルダがあります。
[System HD]/Users/[User Name]/MALightingTechnology

Windows が動作しているコンピュータでは、以下の場所にメインフォルダがあります。
C:\ProgramData\MALightingTechnology

卓の内部ドライブ:

SFTP経由で卓にログインした場合、grandMA3 のメインフォルダが / という名前でルートディレクトリとして表示されます。詳しくは SFTP接続 を参照してください。


ショーとバックアップ

ショーファイルとバックアップ・ショーファイルは、以下の場所にある専用フォルダに保存されます。

USBドライブ:

grandMA3/shared/shows
grandMA3/shared/backups

grandMA3 onPC 動作中コンピュータの内部ドライブ:

MALightingTechnology/gma3_x.y.z/shared/shows
MALightingTechnology/gma3_x.y.z/shared/backups

卓の内部ドライブ

/actual/shared/shows
/actual/shared/backups

警告
Moving, altering, or deleting any files other than show files or backup show files within in the gma3_x.y.z folder of an onPC station or the actual folder of a console may make the software unstable or render the system unable to boot.

ライブラリ

When exporting smaller portions of data from the show file (including objects such as fixture profiles, user profiles, and macros), these files are saved into the gma3_library folder of the selected drive unless an alternate destination is specified during the export. Most object types have dedicated default sub-folders within the library.

The complete list of automatically generated library folders and sub-folders includes:

デフォルトのライブラリ構造の例外

gma3_library 内に専用のサブフォルダがないオブジェクトをエクスポートすると、別のデスティネーションが指定されない限り、ファイルは gma3_library フォルダに直接保存されます。

Exporting either the parent of multiple objects, which each have their own dedicated folders, (for example, exporting DMXProtocols as one file rather than separate exports of Art-Net and sACN) or children of objects where those children do not have their own dedicated folder (for example, exporting one or more cues rather than a whole sequence), automatically adds a descriptive sub-extension to the file name while saving the file to the most appropriate folder.


Automatic Folder Structure Migration

The default folder structure used by version 1.5 and later of the grandMA3 software is different than the structure used in previous versions. When the software recognizes a USB drive, which includes the older structure but not the newer structure, the software presents a pop-up with options for automatically migrating the existing data to the new structure.


Old folder structure ポップアップ

ポップアップには以下の選択肢があります。