DMXモードの挿入

DMXモードは、一つまたは複数のDMXチャンネルで構成されています。

DMXMode が親で、DMXChannel がその子になります。

必要条件

詳しくは フィクスチャタイプの挿入 を参照してください。

重要
フィクスチャタイプの構造は、親-子の階層関係に基づいています。 まず親があり、その下に子が続きます。子は複数ある場合があります。
ヒント
多くのメーカが、チャンネルを定義するDMXチャートを提供しています。
これを利用して、フィクスチャタイプのテーブルにチャンネルを入力します。

この基本的なムービングヘッドは、以下のチャートに基づいています。

相対パッチアドレス 機能
1 Pan (8ビット)
540°のパン動作
2 Pan Fine (16ビット)
3 Tilt (8ビット)
270°のチルト動作
4 Tilt Fine (16ビット)
5 Dimmer
6 Red
7 Green
8 Blue
重要
・フィクスチャタイプの作成中/作成後にデータをバックアップするには、Fixture Type Editor を抜けてから Fixture Types メニューの Export をタップしてください。.xml ファイルがエクスポートされます。このファイルをショーファイルにインポートできます。
・あるいはショーファイルを保存してください。Patch メニューを抜け、すべての変更を保存します。
  1. フィクスチャタイプにフォーカスを設定します。
ヒント
Edit Fixture Type ウィンドウで子を追加するには、'New object' line を長押しします。
  1. Edit をタップします。
    Edit FixtureType ウィンドウが開き、フォーカスが自動的に DMX Modes 列に移ります。

DMXMode の挿入
  1. 概要が分かりやすいように、ウィンドウの右下隅にある Merge children をタップして無効にします。
  2. Name 列で Default セルを長押ししてください。
    Edit Name ポップアップが開きます。
    ・Default を Mode 1 に改名します。

Default の名前を編集

DMXChannel 1 の入力 - Pan

以下のようにして最初のチャンネルを入力します。

  1. Mode 1 を展開します。
    をタップします。
  2. DMXChannel 1 の行で以下のように入力します。
    Coarse: 1
    Fine: 2
    Default: 50 %
    Highlight: none
  3. DMXChannel 1を展開して LogicalChannel エントリを表示します。
    ・DMXChannel 1 の行で をタップしてください。
  4. LogicalChannel の行で以下を選択します。
    Attribute: Pan
  5. DMXChannel 1 が Geometry 1_Pan という名前に変わります。
    Master: none
  6. LogicalChannel を展開して ChannelFunction エントリを表示します。
    ・LogicalChannel の行で をタップしてください。
  7. ChannelFunction の行で以下のように選択します。:
    Attribute: Pan
    Physical From: -270
    Physical To: 270
ヒント
アトリビュートを選択するとすぐに、DMX Channel は、そのアトリビュートにちなんだ名前(Geometry_Attribute)に変わります。

これで DMXChannel 1 が入力されました。


DMXChannel 2 の入力- Tilt

以下のようにして2番目のチャンネルを入力します。

  1. Geometry 1_Pan をタップします。
  2. 'New object' 行をタップして有効にします。
  3. New DMXChannel をタップして Insert をタップします。
    New DMXChannel が DMXChannel 2 という名前に変わります。
  4. 2番目のチャンネルとして DMXChannel 2 の行で以下のように入力します。
  5. Coarse: 3
    Fine: 4
    Default: 50 %
    Highlight: none
    ・LogicalChannel を開きます。詳しくは LogicalChannel タイプの ステップ3 を参照してください。
  6. Attribute: Tilt
  7. DMXChannel 2 は、アトリビュートにちなんだ名前に変わります。
    Master: none
  8. ChannelFunction を開きます。詳しくは ChannelFunction タイプの ステップ5 を参照してください。
    Attribute: Tilt
    Physical From: -135
    Physical To: 135

これで DMXChannel 2 が入力されました。


DMXChannel 3 の入力 - Dimmer

以下のようにして3番目のチャンネルを入力します。

  1. DMXChannel 2 で述べたステップ1〜3のように始めます。
  2. 3番目のチャンネルとして DMXChannel 3 の行で以下のように入力します。
  3. Coarse: 5
    Default: 0 %
    Highlight: 100 %
    ・LogicalChannel を開きます。詳しくは LogicalChannel タイプの ステップ3 を参照してください。
  4. Attribute: Dimmer
  5. DMXChannel 3 は、アトリビュートにちなんだ名前に変わります。
  6. アトリビュートを Grand Master で制御するには、Master 列をタップします。
    Select Master ポップアップが開きます。
    Select Master
    ・Grand をタップします。
  7. ChannelFunction を開きます。詳しくは ChannelFunction タイプの ステップ5 を参照してください。
    Attribute: Dimmer
    Physical From: 0
    Physical To: 1

これで DMXChannel 3 が入力されました。


DMXChannel 4 の入力 - Red

  1. DMXChannel 2 で述べたステップ1〜3のように始めます。
  2. 3番目のチャンネルとして DMXChannel 4 の行で以下のように入力します。
  3. Coarse: 6
    Default: 100 %
    Highlight: 100 %
    ・LogicalChannel を開きます。詳しくは LogicalChannel タイプの ステップ3 を参照してください。
  4. Attribute: ColorRGB_R
  5. DMXChannel 4 は、アトリビュートにちなんだ名前に変わります。
  6. Master: none
  7. ChannelFunction を開きます。詳しくは ChannelFunction タイプの ステップ5 を参照してください。
    Attribute: ColorRGB_R
    Physical From: 0
    Physical To: 1

これで DMXChannel 4 が入力されました。


DMXChannel 5 の入力 - Green

  1. DMXChannel 2 で述べたステップ1〜3のように始めます。
  2. 5番目のチャンネルとして DMXChannel 5 の行で以下のように入力します。
  3. Coarse: 7
    Default: 100 %
    Highlight: 100 %
    ・LogicalChannel を開きます。詳しくは LogicalChannel タイプの ステップ3 を参照してください。
  4. Attribute: ColorRGB_G
  5. DMXChannel 5 は、アトリビュートにちなんだ名前に変わります。
  6. Master: none
  7. ChannelFunction を開きます。詳しくは ChannelFunction タイプの ステップ5 を参照してください。
    Attribute: ColorRGB_G
    Physical From: 0
    Physical To: 1

これで DMXChannel 5 が入力されました。


DMXChannel 6 の入力 - Blue

  1. DMXChannel 2 で述べたステップ1〜3のように始めます。
  2. 6番目のチャンネルとして DMXChannel 6 の行で以下のように入力します。
  3. Coarse: 8
    Default: 100 %
    Highlight: 100 %
    ・LogicalChannel を開きます。詳しくは LogicalChannel タイプの ステップ3 を参照してください。
  4. Attribute: ColorRGB_B
  5. DMXChannel 6 は、アトリビュートにちなんだ名前に変わります。
  6. Master: none
  7. ChannelFunction を開きます。詳しくは ChannelFunction タイプの ステップ5 を参照してください。
    Attribute: ColorRGB_B
    Physical From: 0
    Physical To: 1
 

これで DMXChannel 5 が入力され、DMX Mode 1 挿入されます。


Mode 1 を挿入