Parameter List

Patch メニュー の左側にある Parameter List ボタンをタップすると、すべてのパラメータの一覧にアクセスできます。

これらのパラメータは、RTChannels (リアルタイム・チャンネル)とも呼ばれます。

このメニューには、ショーにあるすべてのパラメータが一覧表示されます。


Parameter List メニュー

このメニューは、パラメータを行とする大きなテーブルになっています。以下は、列項目についての簡単な説明です。

この一覧で変更できるのは、Default、Highlight、Lowlight 値とそのプリセット、および DMXカーブだけです。

フィクスチャ編集時にも、そのフィクスチャのアトリビュート(または RTChannels)だけに絞った一覧がエディタ下部に表示されます。


Default、Highlight、および Lowlight 値の変更

Default、Default Preset、Highlight、Highlight Preset、Lowlight、および Lowlight Preset 列の値は、このメニューで、あるいはフィクスチャの編集時に変更できます。

プログラマ内容を、これらの要素に保存することもできます。プログラマ内にあると思われるプリセットが Preset 列に自動的に割り当てられます。

いずれかの特殊値をリセットするには、プログラマで対応するアトリビュートを Remove 値に設定し、それらを目的のタイプの特殊値に Store /Merge を実行します。または、対応するアトリビュートに任意の値を設定して、Store /Remove を実行します。

これは、DefaultHighlight、および Lowlight キーワードと、/Remove/Merge オプション・キーワードを用いて行います。

フィクスチャのグループの Position に新しい Default 値を保存します。

  1. 既存の値やセレクションが残らないように、プログラマをクリアします。
  2. 目的のフィクスチャを選択します。
  3. それらに対して、例えばプリセットから、目的の Position を指定します。
  4. 不要な値(例: インテンシティ)がプログラマに入らないように注意してください。
  5. Store Default というコマンドを実行します。
  6. プログラマをクリアし、新しい Default 値を確認してください。

 

セレクションの Pan/Tilt アトリビュートに対して、現在保存されている Highlight 値を削除します。

  1. プログラマにある値とセレクションをクリアします。
  2. 目的のフィクスチャを選択します。
  3. Pan/Tilt アトリビュートに何らかの値を指定します。値は何でもかまいません。目的のアトリビュートにアクティブなプログラマ値があることだけが重要です。
  4. プログラマに不要な値(例: インテンシティ値)がないように注意してください。
  5. Store Highlight /Remove というコマンドを実行します。
  6. プログラマをクリアし、新しい Highlight ポジションを確認してください。

Default や Lowlight 値のリセットも同様に行えます。上例の Highlight を、Default や Lowlight に置き換えてください。

また、/Release オプション・キーワードを用いて特殊値に保存しても、Remove と同様の効果があります。

重要
コマンドラインを利用する場合、どのフィクスチャの特殊値が変更されるかについては、Store Options の Use Selection と If not empty 設定が重要になります。
Use Selection および If not empty 設定については、Store Settings とプリファレンスの保存 を参照してください。
制限
複数ステップを持つプリセット(フェイザー)は、特殊値として利用する場合、ステップ1だけが用いられます。