SendOSC キーワード

SendOSC キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

SendOSC は、OSCコマンドを送信するためのコマンド・キーワードです。

構文

SendOSC [ID] "/[OSCアドレス],[OSCタイプ],[値]"

対応しているタイプは以下の通りです。


以下に対しては、値(ペイロード)を設定する必要はありません。

ヒント
OSCタイプの True、False、Nil/Null、Impulse、および Timetag を用いる場合、値を入力する必要はありません。
ヒント
カンマで区切ると、複数の値を一度に送信できます。
重要
エクゼキュータをアドレス指定するときは、ページも指定する必要があります。

ページ番号とエクゼキュータ番号を用いる代わりに、それらを名前で指定することもできます。
エクゼキュータ・キーをアドレス指定した場合、0 という値はそれが押されていないことを、0 より大きな値は押されたことを表します。

OSCData の設定行で Prefix が指定されている場合、OSCSend コマンドを用いると、そのプレフィックスが送信文字列に付加されます。

ヒント
フェーダ、エクゼキュータ・ノブ、ボタンを制御するためのOSCタイプは、Integer32、Float32、True、False、およびNil/Null です。
True は 1、False は 0 として解釈されます。
ヒント
Page、Fader、ExecutorKnob、Key に対して定義されているアドレスでは、大文字と小文字が区別されます。

 

User name[Fixture]> SendOSC 1 "/Page1/Fader201,i,50"
User name[Fixture]> SendOSC 1 "/Page1/Fader201,ii,100,5"
User name[Fixture]> SendOSC 1 "/cmd,s,Store Cue 1"