OSC (Open Sound Control)

このトピックの目次

OSCは、受信サーバ内の要素を扱うためにメッセージ・アドレスパターンを指定するクライアント/サーバ・システムです。

grandMA3 ソフトウェアは、OSC 1.1 をサポートしています。

OSC (Open Sound Control) は、さまざまなタイプのデバイスが他のタイプのデバイスを制御するために利用されるネットワーク・プロトコルです。OSC は、MSC (MIDI Show Control) などとは異なり人が読めるようなになっており、以下の一般的パターンにしたがいます。

"(/プレフィックス)/[OSCアドレス],[OSCタイプ],[値]"

プレフィックス - これは、システム構成に依存するオプションです。より複雑なOSCネットワークにおいて、あるデバイス(例: 照明卓)に向けたメッセージと、他のデバイス(例: 音響卓)に向けたメッセージを区別するために利用できます。

OSCアドレス - 受信デバイス上の制御対象です。例えば /Fader201 は、grandMA3 でエクゼキュータ201のフェーダを動かすためのアドレスになります。アドレスがより複雑になる場合もあります。例えば /Page1/Fader201 は、grandMA3 のページ1にあるエクゼキュータ201のフェーダを動かすためのアドレスになります。

OSCタイプ - 送信する値の型です。例えば以下のようなものがあります。
i = integer
f = float
s = string
t = true
f = false

値 - 実際にターゲットに送信する値です。

以下は、エクゼキュータ201のフェーダを100に設定するOSCコマンドの例です。

OSCアドレス、タイプ、構造については、SendOSC キーワード を参照してください。

ヒント
上例では、プレフィックスが指定されていないことに注意してください。

最も重要なOSC設定は、的確なネットワーク・コンフィグレーションです。

IPアドレス、ネットワーク・プロトコル(UDP、TCP)、およびポートが正しく設定されていることを確認してください。


OSC ネットワーク・コンフィグレーション
ヒント
OSCデータの送受信には、ポート設定が用いられることに注意してください。

OSCメッセージを受信すると、タイトルバーで Input が強調表示されます。OSCメッセージを送信すると、タイトルバーで Output が強調表示されます。

各OSC設定行は、入出力のために使用できます。

以下のプロパティを設定できます。

ReceiveAllReceiveNoneSendAllSendNoneReceiveCmdAllReceiveCmdNoneSendCmdAllSendCmdNone ボタンを用いると、すべてのOSC設定行に対して Receive、Send、ReceiveCMD、および SendCmd の各プロパティを一括変更できます。

ヒント
Page、Prefix、Fader、ExecutorKnob、および Key に定義されているアドレスでは、大文字と小文字が区別されます。

上述のOSCコマンドの例に加え、OSCアドレスに "/cmd" を指定し、OSCタイプに 's' (string) を用いると、OSCを介して grandMA3 のコマンドラインにアクセスできます。注意 - "ReceiveCmd" を Yes に設定しておいてください。
以下に例を示します。

 

OSCの使用例

grandMA3 をトリガーするための一般的なプログラムとして以下のものがあります。

TouchOSC

TouchOSC は、hexler.net (外部リンク) による Windows、macOS、および Android 要のモジュラーOSCおよびMIDIコントロールサーフェスです。

Wi-Fi および CoreMIDI によるアプリ間通信と互換ハードウェアによる、Open Sound Control と MIDIメッセージの送受信に対応しています。

フェーダ

この例では、ページ1のエクゼキュータ230のフェーダを制御します。

注意:

 

エクゼキュータ・ボタン

この例では、ページ1のエクゼキュータ230のボタンを押します。

注意:

 

QLab

QLab は、qlab.app (外部リンク) による macOS 用の、サウンド、動画、照明コントロールです。

QLab is fairly simple to use with OSC. These are the QLab network settings in our example:

そして、QLab でキューの設定を以下のように行います。

 

Open Stage Control

Open Stage Control (外部リンク) は、簡単なOSCインターフェイスを構築できるフリー・ソフトウェアです。
最初に開いたとき、いくつかのネットワーク・コンフィグレーション設定のための入力を求められます。コンピュータで使用するネットワーク・インターフェースの指定以外に、ここで入力する項目は port だけです。

これは、卓の対応する OSCData 行で設定されているポートと一致している必要があります。ポートのデフォルトは 8000 です。設定後、Open Stage Control のセッションを開始できます。

フェーダ

この例では、ページ1のエクゼキュータ230のフェーダを制御します。

注意:

 

エクゼキュータ・ボタン

この例では、ページ1のエクゼキュータ229のボタンを押します。

注意:

 

コマンドライン構文

Here we have a button that will execute command line syntax on the console, in this case triggering the Selected Sequence:

注意: