キーやボタンへのマクロ割り当て

マクロは、簡単にアクセスできるように、エクゼキュータやビューボタンに割り当てることができます。

エクゼキュータやビューボタンは、Macro プール内のマクロを実行するだけです。したがって、マクロをどこかに割り当てるには、プール内に置いておく必要があります。

マクロをキーやボタンに割り当てるには、以下のようにさまざまな方法があります。

キーによる割り当て

卓を使用している場合、以下はおそらく、最も素早くマクロを割り当てられる方法です。

  1. Assign キーを押します。
  2. MA を押しながら X14 | Macro キーを押します。
  3. マクロ番号に相当する数字を押します。
  4. マクロを割り当てたいボタンを押してください。

Macro プールが表示されている場合、代わりに以下の方法でも可能です。

  1. Assign キーを押します。
  2. プールでマクロをタップします。
  3. マクロを割り当てたいボタンを押してください。

 

Swipey コマンドによる割り当て

必要条件

画面に Macro プールを表示。

  1. Macro プール・オブジェクトを長押しします。
  2. プール・オブジェクトをスワイプアウトすると、Swipey コマンドが開きます。
  3. Assign ボタンにスワイプして指を離します。
  4. マクロを割り当てたいボタンを押してください。

 

エクゼキュータの Assign Menu による割り当て

  1. 目的のエクゼキュータに対する Assign メニューを開きます(エクゼキュータへのオブジェクト割り当て を参照)。
  2. 左側メニューで Object ボタンをタップします。
  3. Assign メニューの上部にある Marco ボタンをタップします。
  4. メニューの一覧で目的のマクロをタップしてください。
  5. Assign メニューを閉じます。

 

コマンドラインによるエクゼキュータへの割り当て

コマンドラインにフォーカスがあることを確認し、以下の構文で入力してください。

User name[Fixture]>Assign Macro [マクロ番号] At Page [ページ番号].[エクゼキュータ番号]

上の構文は一般的なもので、マクロを特定のページに割り当てることもできます。

マクロを現在のページに割り当てる場合は、以下の構文を使えます。

User name[Fixture]>Assign Macro [マクロ番号] At Executor [エクゼキュータ番号]