エクゼキュータへのオブジェクト割り当て

多くのオブジェクトをエクゼキュータに割り当てられます。エクゼキュータは、割り当てられたオブジェクトを制御する物理的なキー、フェーダ、またはノブです。物理デバイスは、画面上のコントローラとして表すこともできます。


1. Assign を押します。
2. 割り当てたいものをタップするか、関連するキーを押します。
3. 目的のエクゼキュータを押します。

これらは、何かをエクゼキュータに割り当てるために必要となる最も簡単な手順です。詳しくは以下をお読みください。

キーとプールによるオブジェクト割り当て

エクゼキュータに何かを割り当てるのは簡単です。

Assign を押してから目的のオブジェクトを押し、最後に割り当てたいエクゼキュータを押してください。

以下のように、3通りの方法があります。例ではシーケンスを用いていますが、許可されているタイプならいずれでも可能です。

例1

キー操作だけで、現在のページのエクゼキュータ105にシーケンス3を割り当てます。

Assign Sequ 3 At MA + X16 | Exec 1 0 5 Please

例2

画面にプールが表示されている場合、プールの選択にキー操作を組み合わせることによっても、割り当てることできます。

  1. 割り当てたい Sequence プール・オブジェクトをタップしてスワイプアウトします。
  2. Swipey コマンドの Assign に指を移動して離します。
  3. 目的のエクゼキュータに関連付けられているキーの一つを押してください。

例3

キーを押すとコマンドラインにキーワードが入力されますので、コマンドラインからも行えます。

User name[Fixture]> Assign Sequence 4 At Page 2.301

このコマンド例では、シーケンス4をページ2のエクゼキュータ301に割り当てています。特定ページのエクゼキュータをアドレス指定する場合は、Page キーワードが必要です。また、そのページが存在していなければなりません。


Assign メニューによるオブジェクト割り当て

Assign メニューは、エクゼキュータに何かを割り当てるための視覚的なアプローチを提供します。最初にエクゼキュータを選択してから、オブジェクトを選択してください。

Assign メニューを開くには、主に二通りの方法があります。

― または ―


Assign メニュー - Object ページ

これは、Assign メニューの Object ページです。左側で Object をタップすると、このページが選択されます。

上部には、エクゼキュータに割り当て可能なオブジェクト・タイプごとのタブと、空のオブジェクトを選択するための特別な Empty タブがあります。Empty 以外のタブでは、そのタイプで選択可能なオブジェクト一覧が開きます。

オブジェクト・タイプには以下のものがあります。

可能なシーケンスの一覧を開くには、Sequence をタップしてください。


Assign メニュー - Sequence オブジェクト・タブ

エクゼキュータに割り当て可能な7タイプでは、それぞれで利用可能なオブジェクトの一覧が表示されます。タイトルバーの DataPool ボタンを用いると、別のデータプールからオブジェクトを簡単に選択できます。

目的のオブジェクトをタップして選択してください。

デフォルトのハンドル構成が、エクゼキュータに適用されます。これにはエクゼキュータの拡張も含まれ、Handle ページで定義できます。


キー機能とエクゼキュータ・サイズの変更

エクゼキュータに何かが割り当てられている場合、エクゼキュータ・キー、フェーダ、およびノブに割り当てられている機能を変更できます。

Assign メニューで引き続き作業する場合は、左側の Handle をタップしてください。

以下のような画面になります。


Assign メニュー - Handle ページ

エクゼキュータの上側や右側が空いている場合、そのエクゼキュータを拡張できます。エクゼキュータは5列幅のセクションにグループ化されています。これらのグループは互いに交差できません。例えばエクゼキュータ104や105は、106に拡張できません。

余裕があれば、上側にも拡張できます。上の画面例では、エクゼキュータ101の上側および右側に余裕があります。このエクゼキュータは、5列すべてを覆う幅と、4行すべてを覆う高さにまで拡張できます。

エクゼキュータは、上部の列番号や左側の行番号をタップすることで拡張できます。拡張されると、エクゼキュータで利用できるボタンが増えます。

100 の行には、単独のエクゼキュータ・ボタンだけがあります。200 の行には、ボタンとフェーダがあります。300 と 400 の両方の行には、ボタンとエンコーダ・ノブがあります。エクゼキュータが4行すべてに拡張されている場合、以下のようになります。


4行すべてに拡張されたエクゼキュータ

キー、フェーダ、エンコーダには、種々の機能を割り当てられています。オプションは、エクゼキュータに割り当てられたオブジェクトによって異なる場合があります。

有効なボタンをタップすると、利用可能なオプションを備えた小さな選択ポップアップが出ます。

Encoder Left CmdEncoder Right Cmd で開くポップアップでは、任意のコマンドを入力できます。MA キーを押しながらエンコーダ・ノブを回した場合の別コマンドを指定することもできます。

ヒント
エンコーダ・コマンドは、通常のエンコーダ機能と互いに排他的です。上の画面例ではエンコーダ機能とコマンド機能の両方がありますが、エンコーダ・コマンドは優先度が高く、通常のエンコーダ機能を上書きします。

通常キーには、以下の選択肢があります。

これらの主な機能はキーワードです。詳しくは 全キーワード一覧 から参照してください。

 

機能は、キーやコマンドで割り当てることもできます。その機能に対応する物理キーがない場合は、キーボードでコマンドを記述することで割り当てられます。

キーの例

目的の機能に対応する物理キーがある場合、それをエクゼキュータ・キーに割り当てるのは簡単です。Assign を押してから、その機能キーを押し、最後に割り当てたいエクゼキュータ・キーを押してください。

例1

例えば、Off 機能を、エクゼキュータ101に関連付けられたキーに割り当てるには、以下のようにキーを押します。

Assign Off - (卓の左下隅にあるエクゼキュータ・キー)

例2

Fix 機能をエクゼキュータ・キーに割り当てます。

Assign MA + Pause [目的のエクゼキュータ・キー]

 

コマンドの例

機能は、コマンドラインからも割り当てられます。

一般的な構文は以下の通りです。

Assign [機能] at [場所]

場所は、エクゼキュータ・ページに関連付けられている特定の物理キーでなければなりません。

例えば、Pause 機能を、エクゼキュータ・ページ8のエクゼキュータ5に関連付けられた上部キーに割り当てるには、以下のコマンドを入力します。

User name[Fixture]> Assign Pause At Page 8.405

 

フェーダ機能の変更

エクゼキュータに割り当てられているオブジェクト・タイプによっては、フェーダの機能を変更できる場合があります。変更は、Assign メニューの画面上で対応するボタンをタップすることで、エクゼキュータ・キーと同じように行えます(上述を参照)。

Select Fader ポップアップには以下の選択肢があります。

これらの機能についての詳細は、それぞれのキーワード・トピックで説明されています。

機能は、コマンドラインからも割り当てられます。

構文はキー機能の場合と同様です(Empty を除く)。以下の例を参考にしてください。

例1

Rate 関数を、現在のページの得た209に割り当てます。

User name[Fixture]> Assign FaderRate At Executor 209

例2

Empty 機能をエクゼキュータ・フェーダに割り当てる場合は構文が異なります。この例では、ページ1の左端のフェーダに Empty を割り当てています。

User name[Fixture]> Set Page 1.201 Property "Fader" "Empty"

 

キーおよびフェーダ割り当ての保存

キーやフェーダ機能の現在の割り当ては、Executor Configuration プールに保存できます。詳しくは Executor Configurations を参照してください。