Camera プール

カメラは、3D ウィンドウ で3D仮想ステージのフィクスチャを見るために用いられます。

さまざまな角度から異なる設定でフィクスチャや3Dオブジェクトを見るために、複数のカメラを配置できます。

カメラはすべて Camera プールにあります。


Camera プール - 四つのカメラのうちの一つを選択

新規ショーのプールには、デフォルトのカメラがいくつかあります。 これらのほとんどは編集可能ですが、"Auto" カメラはロックされています。

カメラは、プールでタップするかコマンドラインを用いることで選択できます。例えばカメラ3を選択するには、以下のコマンドを入力します。

User name[Fixture]> Select Camera 3

選択されているカメラには、黄色の枠が表示されます。

空のプール・オブジェクトを編集すると、現在選択されているカメラのコピーとして新しいカメラが作成されます。

 

既存のカメラを編集すると、Edit Camera ポップアップが開きます。

Front カメラに対する Edit Camera ポップアップ

このポップアップには、カメラに必要なすべての値が含まれています。

ここで値を変更すると、カメラの状態が変化します。

場合によっては、3D ウィンドウでカメラを移動し、Pan/Tilt 値を直接変更する方が簡単かもしれません。そのために便利なカメラ操作ツールがあります。詳しくは 3D Window を参照してください。

新しい値を入力すると、そのカメラに対して直ちに適用されます。

右上隅にある cross をタップしてポップアップを閉じます。