3D

3D ウィンドウは、フィクスチャの配置・回転が可能な仮想空間を視覚化して3D表示します。

フィクスチャの値が変更されると、それが投射するビームが動いたり色が変化したりします。

すべてのフィクスチャと他の Stage オブジェクトは、PatchLive Patch、あるいはこのウィンドウで、配置や回転が可能です(3D空間へのフィクスチャ配置 を参照)。


3D ウィンドウの例

Stage オブジェクトは、ボックスまたは単なる床として視覚化できます。ボックスの中は覗けますが、外を見ることはできません。詳しくは 後述 を参照してください。

3D空間を見るために用いられる仮想カメラがあります。これらは、3D空間をどこからどのように見るか、位置や方向などの諸設定を行えます。カメラは、Camera プール に保存されています。

タイトルボタン

タイトルバーには、いくつかのボタンがあります。これらの大部分は、利用可能なオプションを選ぶためのスワイプボタンになっています。

そのうちの三つは、ラベルおよび Setup モードのオン/オフを切り替えるボタンです。

他のボタンでは、Selection Mode、Stage オブジェクト、Render Quality、および Camera を素早く選択できます。

Patch では複数のステージを作成できます。各 3D ウィンドウには、これらのステージの一つを表示できます。詳しくは ステージ を参照してください。

設定については 後述 を参照してください。

左側ツールボタン

ウィンドウの左側には、いくつかのツールボタンがあります。これらのツールは、ウィンドウがタッチされたときに何が起こるかを決めたり、カメラ位置を変更したりするために用いられます(カメラについては後述を参照)。ツールボタンをタップしてモードを選んでから、ウィンドウをタッチすると、そのモードによって動作が決まります。選択されているモードのツールは黄色で表示されます。また、そのモード名がタイトルバーに表示されます。選択中のカメラがロックされていると、ほとんどのアイコンがグレーアウトされて無効になります。

以下は各ツールボタンについての説明です。

カメラの移動

カメラは、Camera プール のプール・オブジェクトです。カメラは、いろいろな場所に移動させ、方向を変えることができます。

この情報はプールで編集できますが、位置や方向は 3D ウィンドウで変更する方が簡単です。詳しくは、上述の左側ツールボタンについての説明を参照してください。Camera Pivot というカメラモードは、左側メニューからはアクセスできません。これは Window Settings 設定でのみ変更できます。

Camera Pivot は Orbit によく似ていますが、カメラが常に3D空間の中心の周りを回るのではなく、ウィンドウ内でタッチされた点の周りを回ります。 マウスホイールは、カメラをポインタ位置に近づけたり、ポインタ位置から離したりします。

プール内のカメラを編集すると、そのモードやタイプを変更できます。詳しくは Camera プール を参照してください。

フィクスチャの移動

フィクスチャの配置や回転は、Patch または Live Patch で設定できますが、3D ウィンドウにおいてライブで行うことも可能です。

詳しくは 3D空間へのフィクスチャ配置 を参照してください。

Window Settings

3D ウィンドウの左上隅にあるMAロゴをタップすると設定が開きます。

この Settings ポップアップには、RenderingMisc、および Label というタブがあります。

Rendering 設定

Rendering は、照明レベル、色、およびレンダリング品質に関する設定です。


3D Window Settings - Rendering タブ

ここには、以下の4本の画面フェーダがあります。

Ambient および Point Light には、カラーフィルタを装着するのと同様に色を付けられます。フェーダの上部をタップすると、色選択のためのポップアップが開きます。

Background にも色を付けられます。この色を表示するには、Ambient (環境光)を上げる必要があります。

ここには、以下のようなボタンがあります。

これらの一部はスワイプボタンなので、スワイプアウトすれば簡単に選択肢を選べます。

Misc 設定

2番目のタブは Misc です。


3D Window Settings - Misc タブ

Misc タブには以下の設定があります。

ヒント
Perspective 選択を用いると、3D ウィンドウのカメラの投影歪みが、Selection Grid のフィクスチャ位置に影響を与える可能性があります。これを防ぐには、3D ウィンドウで2Dカメラを使用してください。

Label 設定

Label というタブでは、フィクスチャのスポットやボディ部分に表示できるラベルの設定を行います。


3D Window Settings - Label タブ

Render Quality

Render Quality は、光とフィクスチャのボディが 3D ウィンドウでどのようにレンダリングされるかを定義します。

すべてのレンダリング設定は、Render Quality プール・オブジェクトに保存され、プールで簡単に選択できます。


RenderQualities プール

このプールには、定義済みのレンダリング品質がいくつかあり、常にいずれかのオブジェクトが選択されています。3D は、任意のレンダリング品質を用いたり、選択されているプール・オブジェクトにリンクしたりできます。

新しいプール・オブジェクトを作成・編集すると、レンダリング設定を変更できます。


Render Quality Editor

エディタには以下の設定があります。

Render Scale と Light Scale は組み合わせて使用できます。両方を1/2に設定すると、3D ウィンドウ全体がその半分の解像度でレンダリングされ、光は1/4の解像度でレンダリングされます。

3D コンピュータのセットアップ

grandMA3 卓は、フィクスチャとステージ設定を含む 3D ウィンドウを表示できますが、照明プログラミング用のヒューマン・インターフェースとして最適化されています。

高品質で高フレームレートの3Dレンダリングマシンが必要な場合の最善策は、強力なグラフィックボードを搭載した高性能コンピュータを使用することです。このようなコンピュータに grandMA3 onPC をインストールし、3Dグラフィックス用に最適化してください。

grandMA3 onPC は、卓とのセッションに参加する必要があります。grandMA3 onPC は、異なる Screen Configuration (ユーザ設定 を参照)を用いるデフォルトの 3D ユーザとしてログインできますが、デフォルトの Admin ユーザと同じユーザプロファイルになります。grandMA3 onPC は、3D コンピュータを見ているユーザと同じユーザプロファイルを持つユーザでログインする必要があります。これにより、3D コンピュータはユーザにしたがってプレビュー・モードになります。

3D コンピュータでは、すべてのレンダリング設定を最高品質に設定した一つの大きな 3D ウィンドウを表示し、3D Priority という 3D ウィンドウの設定をオンにします(上述の設定を参照)。

Window Settings で、3D 表示部分を最大化するためにタイトルバーを非表示にすることもできます。また、Configure Display ポップアップ で、ビューボタンやエンコーダバーなどの要素を非表示にすることも可能です。