3D Window

3D Window は、フィクスチャの配置・回転が可能な仮想空間を視覚化して3D表示します。

フィクスチャの値が変更されると、それが投射するビームが動いたり色が変化します。

すべてのフィクスチャとステージ・オブジェクトは、PatchLive Patch、あるいはこのウィンドウで、配置や回転が可能です(3D空間へのフィクスチャ配置 を参照)。


3D Window の例

Stage オブジェクトは、常にボックスとして視覚化されます。ボックスの中は覗けますが、外を見ることはできません。

3D空間をどう表示するかを決めるための位置、方向、その他の設定は、Camera オブジェクトによって定義されます。

タイトルボタン

タイトルバーには四つのボタンがあります。これらはすべて、利用可能なオプションを選ぶためのスワイプボタンになっています。

これらによって、Beam Quality、Stage オブジェクト、Camera、ウィンドウの Mode を素早く選択できます。

Patch では複数のステージを作成できます。各 3D Window には、これらのステージの一つを表示できます。ステージについては grandMA3 のステージ を参照してください。

その他の設定については後述を参照してください。

左側メニュー

メニューには、いくつかのボタンがあります。これらをタップすると、カメラ位置を変更するためにウィンドウにタッチした際のモードが切り替わります(カメラについては後述を参照)。選択されたモードによって、ウィンドウがタッチされたときの動作が決まります。選択されているモードは緑で表示されます。選択中のカメラがロックされていると、ほとんどのアイコンが無効(グレー表示)になります。

以下は各アイコンについての説明です。

カメラの移動

カメラは、Camera プールのプール・オブジェクトです。カメラは、いろいろな場所に移動し、方向を変えることができます。

この情報はプールで編集できますが、位置や方向は 3D Window で変更する方が簡単です。詳しくは、前述の左側メニューについての説明を参照してください。Camera Pivot というカメラモードは、左側のメニューからはアクセスできません。これは Window Settings 設定でのみ変更できます。詳しくは後述を参照してください。

Camera Pivot は Orbit によく似ていますが、カメラが常に3D空間の中心の周りを回るのではなく、ウィンドウ内でタッチされた点の周りを回ります。マウスホイールは、カメラをポインタ位置に近づけたり、ポインタ位置から離したりします。

プール内のカメラを編集すると、そのモードやタイプを変更できます。詳しくは Camera プール を参照してください。

フィクスチャの移動

フィクスチャの配置や回転は、Patch または Live Patch で行えます。また、3D Window でライブに配置することも可能です。

詳しくは 3D空間へのフィクスチャ配置 を参照してください。

Window Settings

3D Window の左上隅にあるMAロゴをタップすると設定が開きます。

この設定ポップアップには 3D Settings というタブがあり、その中に RenderingMisc という二つのサブタブがあります。

Rendering 設定

Rendering は、照明レベル、色、レンダリング品質に関する設定です。


3D Settings タブの Rendering サブタブ
 

ここには、以下の4本の画面フェーダがあります。

Ambient および Point Light には、カラーフィルタを装着するのと同様に色を付けられます。フェーダの上部をタップすると、色選択のためのポップアップが開きます。

Background にも色を付けられます。この色を表示するには、Ambient を上げる必要があります。

表示品質やブルーム・エフェクトを設定するために、以下の三つのスワイプボタンがあります。

これらは、ボタンからスワイプアウトすることで、設定を簡単に切り替えます。

 

Misc 設定

Misc というサブタブには、いくつかのオプションがあります。


3D Settings タブの Misc サブタブ

今のところ、以下の設定があります。