特殊エクゼキュータ

このトピックの目次

特種エクゼキュータには、グランドマスター・ノブのほか、カスタム・セクションとマスター・セクションにあるキー、ノブ、フェーダ、エンコーダ、ホイールが含まれます。デフォルトでは、これらに対して有用な種々のマスターを制御できるような割り当てがなされています。他のエクゼキュータと同様に、特殊エクゼキュータの割り当てを変更することで、シーケンス、マスター、プラグイン、グループ、マクロ、ワールド、およびビューを含む種々のオブジェクトを制御できます。

マスター・セクションは、画面9でプレイバックバーの右側に常に表示されます。またマスターセクションは、画面2でオプションのプレイバックバーの右側にも表示されます。カスタム・セクションは、画面10〜12でプレイバックバーの右側に常に表示されます。またカスタム・セクションは、画面3〜5でオプションのプレイバックバーの右側にも表示されます。詳しくは 画面割り当て を参照してください。

Custom/Master Section ウィンドウには、特殊エクゼキュータの現在の割り当てや状態が示された二つのカスタム・セクション、マスター・セクション、およびグランドマスター・ノブが表示されます。このウィンドウには、特殊エクゼキュータのエンコーダ、ホイール、ノブ、キーに対応する画面要素を表示できます。また、選択されているシーケンスの Go+Go-、および Pause キーに対応する画面ボタンも表示できます。
コントロールバーの アイコンをタップすると、Custom/Master Section オーバーレイが一時的に開きます。Custom/Master Section ウィンドウは、Add Window ポップアップの More タブや All タブからも利用できます。


Custom/Master Section ウィンドウ

Custom/Master Section ウィンドウには、以下の四つの主要セクションがあります。

これら四つの主要セクションには、ラベルや関連するハードウェア要素も含めることができます。ラベルとハードウェアの両方が表示されている場合、各特殊マスターのラベルは、関連ハードウェアのすぐ上に表示されます。また、ページ・ナビゲーション・ボタンを、ウィンドウの右端に沿って表示できます。

ウィンドウの左上隅にある MA をタップすると、Window Settings ポップアップが開きます。


Custom/Master Section Window Settings ポップアップ

Display タブで、Show Labels をタップすると、表示されているすべてのセクションに対してラベルの表示/非表示を切り替えられます。また Show Hardware Buttons をタップすると、表示されているすべてのセクションに対してハードウェア要素の表示/非表示を切り替えられます。残りのボタンのうち上段にあるものをタップすると、特殊エクゼキュータに対応するセクションやページ・ナビゲーション・コントロールの表示/非表示を切り替えられます。 Show Master Section の下にある Show Default Playback をタップすると、選択されているシーケンスに対する Go+Go-、および Pause ボタンの表示/非表示を切り替えられます。

ヒント
デフォルト再生(Default Playback)ボタン(PauseGo-Go+)を表示するには、Show Hardware ButtonsShow Master Section、および Show Default Playback 設定をすべて有効にする必要があります。
ヒント
要素が非表示になると、残りの表示要素が自動的に再スケーリングされ、ウィンドウの空きスペースが埋められます。

Default Playback セクションのラベルをタップすると、Edit Sequence オーバーレイが開きます。

特殊エクゼキュータのラベルをタップすると、そのエクゼキュータに対する Assign メニューが開きます。特殊エクゼキュータの Assign メニューで利用できるオプションは、他のエクゼキュータの場合と同様です。詳しくは エクゼキュータへのオブジェクト割り当て を参照してください。


特殊エクゼキュータ5と Grand Master

デフォルトでは、Grand Master は特殊エクゼキュータ5に割り当てられています。 Assign を押してから特殊エクゼキュータ5のノブを押すと、特殊エクゼキュータ5に対する Assign メニューが開きます。これによって、任意のオブジェクトを特殊エクゼキュータ5に割り当てられます。

ヒント
特殊エクゼキュータに関連付けられているハードウェアは、追加キーのないノブだけで構成されているため、ノブの押下に通常のキー機能を割り当てることができます。

特殊エクゼキュータ5に Grand Master 以外のオブジェクトを割り当てた場合、通常は Grand Master が表示されるエンコーダバー領域が調整され、Grand Master と特殊マスター5に割り当てられたオブジェクトのラベルの両方が表示されます。


特殊マスター5に割り当てられたシーケンス1と、Grand Master の両方が表示されたエンコーダバー