スタンドアロン・デバイス

卓に何も接続されていない場合、スタンドアロン・システムになります。また、 grandMA3 onPC に grandMA3 onPC wing が接続されている場合も、スタンドアロン・システムです。

セッションを作成して実行できる grandMA3 デバイスは、ステーションと呼ばれます。

ネットワークが無効になっているステーションは、Standalone モードです。

ネットワークがオンで、他のステーションとセッションを開始する準備ができている場合、ステーションは IdleMaster モードになっていますが、この時点では孤立しています。ネットワークに接続されていても他のステーションとのセッションに加わっていない卓は、他のステーションに接続する準備ができているマスターと見なされます。

現在の状態は、Network メニューで確認できます。タイトルバーに状態を表示するエリアがあります。

セッション内のステーションを Standalone モードにしたい場合は、ネットワークをオフにしてください。これは、GUI(セッションから抜ける を参照)またはコマンドライン(Leave キーワード を参照)で行えます。

 

Standalone または IdleMaster モードのステーションは、卓/onPC がロック解除するパラメータ数の制御のみに制限されます。

DMXポートは、卓/ウィングでのみ利用できます。

イーサネット接続を介してDMX出力を行う場合、卓はセッションに加わっていなければなりません。他のステーションに接続されていなくても、IdleMaster としてアクティブなセッションを実行する必要があります。