セッション

MAデバイスは、セッションに接続されています。

制御デバイス(grandMA3 onPC、grandMA3 replay unit、および grandMA3 卓)は、しばしばステーションと呼ばれます。

セッションは、同一ネットワーク内に複数存在することも可能です。その場合、セッション名とロケーションによって識別されます。

ネットワークで認識されているMAデバイスは、Network メニューに表示されます。

メニューには、以下のように複数の方法でアクセスできます。

コマンドラインでメニューを開く

コマンドラインに以下のコマンドを入力して実行します。

User name[Fixture]> Menu "Network"

Menu ポップアップからメニューを開く

キーとボタンの組み合わせによって、上述と同じコマンドを実行します。

  1. Menu キーを押します。
  2. Setup メニューで Network ボタンをタップします。

専用ボタンでメニューを開く

コマンドライン には、Network メニュー専用のボタンがあります。

このボタンをタップするとメニューが開きます。


Network メニュー - MAデバイスの一覧

タイトルバーには、通常の閉じるボタン(cross)と、Display アイコン(メニューの表示場所変更 を参照)があります。その隣のボタンには、このデバイスの現在の状態が表示されます。

メニューの左側には、Stations、Keys、および Interfaces という三つのボタンがあります。

下部メニューの左側には、Invite StationDismiss stations という二つのボタンがあります。
その右側には、表示中のステーションに対するセッション設定を変更するための入力ボタンがあります。
以下は、それらについての簡単な説明です。

セッションの各ステーションには優先度があります。セッションには、マスターとなるステーションが一つ必要です。


このメニューの Stations ビューには、すべてのMAデバイスがタイプ別に表示されています。緑背景のものは接続されているデバイスです。

以下は列項目の簡単な説明です。