タイムコード・ショーの編集

必要条件:

詳しくは タイムコード・ショーの記録 を参照してください。

既存のタイムコード・ショーを編集して、タイムの細部や正確さを調整できます。

重要
トラックはシーケンスごとに、イベントはキューごとに作成されます。
  1. エンコーダバーを有効にします。
    ・Timecode View のタイトルバーをタップします。
    ・エンコーダバーが表示されます。
  2. シーケンスでイベントを選択します。
    をタップし、シーケンスで投げ縄選択を行います。
ヒント
ツールボタンの右に表示される数字は、選択されたイベント数です。

デュアル・エンコーダによる編集


  1. このシーケンスでさまざまなイベントが記録されないようにするには、Rec 列のセルを長押ししてください。
    マークが表示され、このシーケンスでの記録が禁止されます。
  2. シーケンスの再生を禁止するには、Play 列のセルを長押ししてください。
    マークが表示され、再生中にこのシーケンスはスキップされます。
  3. シーケンスにアピアランスを追加するには、以下のようにします。
    ・Timecode Settings で Show Appearance を有効にします。
    ・シーケンスを選択してから、Appearance 列のセルを長押しします。
    ・Select Appearance ポップアップが開きますので、アピアランスを選択してください。

Select Appearance ポップアップ
  1. 単独のタイム範囲にアピアランスを追加するには、View Mode を Text または Both に切り替えてください。
    アピアランスを割り当てるには、セルを長押しします。
    詳しくは 表示モードの切り替え を参照してください。
  2. 単独イベントを追加するには、 をタップします。
  3. 一度に複数イベントを追加するには、 をタップしてください。
    ・Add multiple events ポップアップが開きます。

    Add multiple events ポップアップ
    ・イベント数(Number)と、イベントの間隔(Time Interval)を入力します。
    Add をタップします。
  4. タイムマーカを追加するには、 をタップします。
    タイムマーカはタイム範囲(例: イントロ、フック、コーラスなど)を作成します。
  5. タイム範囲でタイムを編集するには、Timeline モードを Both または Text に切り替えます。
    ・タイム範囲のスピードを調整するには、Speed Factor 列のセルをタップしてください。
    ・電卓が開きます。
    ・値を入力してください。

Speed Factor は、Timeline モードにおけるイベントの上部にも表示されます。


 


Speed Factor

 

1. Timeline に表示される Speed Factor

2. Text に表示される Speed Factor


  1. シーケンス内でイベントをコピーするには、以下ようにします。
    ・イベントを選択します。
    ・左側のビュー・ツールバーにある をタップします。
    ・シーケンスのどこかをタップしてから、 をタップしてください。
    ・必要に応じて、イベントのタイムを調整します(前述の デュアル・エンコーダによる編集 を参照)。
ヒント
イベントをコピーすると、Cue Destination とその Token もコピーされ、再利用されます。
ヒント
タイムコード・ショーの Duration は灰色で表示されます。
  1. Duration を調整するには、タイトルバーで Settings をタップし、Duration ボタンをタップしてください。
    電卓が開きますので、新しい値を入力します。
重要
デフォルトでは、Duration の終わりに達するとカーソルが停止します。
  1. 記録内容をループ再生するには、Settings をタップし、Loop Mode を切り替えます。
  2. 再生を無効にしたり維持したりするには、Settings をタップし、Switch Off を切り替えます。

その他の設定については、タイムコードの設定 を参照してください。


タイムコード・ショーの編集

このようにして、タイムコード・ショーが編集されます。