タイムコード・ショーの記録

必要条件:

例: 内部タイムコード

重要
以下の手順は、内部で生成されたタイムコードの場合について説明しています。
  1. 新しいオブジェクトを Timecode プールに保存し、名前を付けます。
    詳しくは プール・オブジェクトの作成 を参照してください。
  2. プールでそのタイムコードを選択します。

Timecode ウィンドウ - Setup モード
  1. タイトルバーで Mode をタップして Setup にします。
    種々の表示については、表示モードの切り替え を参照してください。
  2. タイムカーソルの追従を有効にするには、タイトルバーにあるストップウォッチ・アイコンのオン/オフボタンをタップします。有効の場合、タイムカーソルに追従してビューが変わっていきます。
    無効にすると、ビューの表示範囲を超えてカーソルが移動します。
  3. タイトルバーの Settings をタップし、ポップアップ・メニューで TCSlot をタップして <Internal> を選択します。詳しくは タイムコード・スロットとは を参照してください。
  4. 記録を開始するには、 をタップしてください。
    タイムの走行し始めます。
  5. イベントを記録するには、対象エクゼキュータ・キーを押してください。これにより、新しい対象のトラックが作成されます。
  6. フェーダの動きを記録するには、対象フェーダを動かしてください。
  7. 記録を終了するには、 をタップします。

タイムコード・ショーの記録

これで、タイムコード・ショーが記録されます。