ワールドの作成

ワールドは、プログラマで作成し、World プールに保存します。

ワールドは、(フィクスチャ)行と(アトリビュート)列から成る行列と考えられ、プログラマがシートの行や列にアクセスするのをブロックできます。

作成されたワールドには、現在のフィクスチャ・セレクションの行と、アクティブなアトリビュートの列が含まれます。アクティブなアトリビュートがない場合は、作成されたワールドに、すべてのアトリビュート列が含まれます。フィクスチャが選択されていない場合は、すべてのフィクスチャがワールドに含まれます。

必要条件:

画面に World プールと Fixture Sheet を表示。

フィクスチャ1〜5のワールド作成

  1. プログラマをクリアします。
  2. フィクスチャ1〜5(または、ショーにある任意の五つのフィクスチャ)を選択します。
  3. Store を押し、続けて World プールで空のワールドを押します。
  4. 新規作成されたワールドをタップしてください。

これによって、フィクスチャ1〜5へのプログラミング・アクセスのみが可能になり、それが Fixture Sheet に反映されます。ここでは、すべてのアトリビュートを利用できます。

フィクスチャとアトリビュートのワールド作成

ワールドは値を含みませんが、ワールドでフィルタリングを行うためのアトリビュート情報を保存するには、アクティブな値が必要となります。

5台のフィクスチャと一つのアトリビュートのみの例

  1. World プールで World 1 (Full) をタップします。
  2. プログラマをクリアします。
  3. フィクスチャ1〜5(または、ショーにある任意の五つのフィクスチャ)を選択します。
  4. フィクスチャに Dimmer 値を設定します。値は何でもかまいません。
  5. Store を押し、続けて World プールで空のワールドを押します。
  6. 新しいワールドをタップしてください。

Fixture Sheet を見てください。選択したフィクスチャとその Dimmer アトリビュートだけが表示されます。

すべてのフィクスチャに対する一部のアトリビュートのみのワールドを保存

フィクスチャを選択せずにワールドを保存すると、すべてのフィクスチャを利用できます。

Position アトリビュートのみの例

  1. World プールで World 1 (Full) をタップします。
  2. プログラマをクリアします。
  3. フィクスチャ1〜5(または、ショーにある任意の五つのフィクスチャ)を選択します。
  4. フィクスチャに Pan/Tilt 値を設定します。値は何でもかまいません。
  5. Clear を1回押してフィクスチャ・セレクションをクリアしますが、Pan/Tilt 値はアクティブなままにしておきます。
  6. Store を押し、続けて World プールで空のワールドを押します。
  7. 新しいワールドをタップしてください。

これで、Fixture Sheet には、すべてのフィクスチャがありますが、Pan/Tilt 列だけが表示されます。

 

ワールドを作成したら、すぐに名前を付けておくとよいでしょう。

ワールドの編集

ワールドの内容は、以下のようにして編集できます。

  1. Edit を押してから、目的のワールドをタップしてください。これによって、編集モードになります。
  2. 目的のフィクスチャとアトリビュートに合わせて、プログラマのセレクションを変更します。
  3. Update を押してから、そのワールドをタップします。
  4. Update ポップアップで OK をタップして、更新を確定してください。

ワールドのオプションも、以下のようにして編集できます。

  1. 目的のワールドで、Swipey メニューを使用します。
  2. Swipey で Edit Option を選ぶと、Edit World ポップアップが開きます。
  3. 必要な変更を行います。
  4. ポップアップを閉じてください。

Edit World ポップアップでは、以下のオプションにアクセスできます。

ポップアップには、以下の二つのボタンもあります。Edit Content は、上述のようにワールドを編集モードに設定します。List Reference は、別のポップアップを開いて、ワールドを使用している種々の要素を一覧表示します。