チャンネルページ

フェーダ・エクゼキュータは、エクゼキュータの代わりにチャンネル・フェーダに変更することができます。

重要
チャンネルページを変更しても、エクゼキュータは取り除かれません。

チャンネルページには、特定のフィクスチャに対する Dimmer アトリビュートを持つ静的(Static)なページと、アトリビュートや選択されたフィクスチャによって加えられる動的(Dynamic)なページという二つの種類があります。

 

静的チャンネルページ

静的チャンネルページは、フェーダに割り当てられたフィクスチャのアトリビュートを持つことができます。 チャンネルページでは、フェーダは ChannelFaders と呼ばれます。

静的チャンネルページは、Channel プールにまとめられています。


Channel Page プール

これは、他のプールと同じように動作します。プールについての一般的な説明は、プールの概要 を参照してください。

下のようなシートスタイルで表示することもできます。


Channel Page プール - シートスタイル

緑の C という文字は、そのチャンネルページが現在アクティブであることを示しています。また、灰色の C は、最後に表示されたページであることを示しています(おそらく、エクゼキュータページに戻っている)。

プールでオブジェクトをタップすると、そのチャンネルページに変わります。Ch Pg +Ch Pg - キー、あるいは、ChannelPage コマンドによっても、ページを変更できます。また、Ch Pg - キーを長押しすると、ページ番号1に戻ります。

 

フィクスチャの割り当て

静的チャンネルページは、ビルドする必要があります。これは、フィクスチャを ChannelFaders に割り当てる必要があるということです。

これは、次のようにキーを用いることで行えます。
Assign Chanel (または Fixture) [番号または範囲] Page Page (= ChannePage) [ページ番号].[フェーダ番号] Please.

アトリビュートが指定されていない場合は、ディマーが割り当てられます。他のアトリビュートを割り当てることもできますが、そのためには、アトリビュート番号か名前を調べる必要があります。一般的な構文は、次のようになります。

Assign Fixture [ID番号].[サブフィクスチャ番号].[アトリビュート] (At) ChannelPage [ページ番号].[フェーダ番号]

以下の例では、アトリビュート番号を調べる最も良い方法について述べます。

ショーに、Pan/Tilt アトリビュートを持つフィクスチャがあり、そのフィクスチャID が 1 だとします。ChannelPader 1 の フェーダ1にディマーを、また、Pan をフェーダ2 に、Tilt をフェーダ3 に割り当てたいと思います。

何かを割り当てる前に、ページを作成する必要があります。Ch Pg + を1回押すだけで、最初のチャンネルページが開き、ページが作られます。

フェーダ1にディマーを割り当てるのは簡単です。Assign Fixture 1 と押してから、フェーダ番号1に関連付けられているキーを押してください。

ここで、フィクスチャ1のアトリビュート番号を見つける必要があります。Command Line Feedback ウィンドウを開いてください。

フィクスチャ1を調べるために、以下のコマンドを入力します。

[Channel]> CD Fixture 1

CD は、ChangeDirectory のショートカットです。

コマンドラインは、そのフィクスチャの階層をたどっていることを示しています。
フィクスチャ1のフィクスチャを一覧表示するために、次のコマンドを入力してください(> の前には何も入力する必要はありません)。

[LiveSetup/Layers 4/Spots 3/Spot 1 1]>List

ショーによっては上例と同じになるかもしれませんが、ここで重要なのは List コマンドです。

Command Line Feedback ウィンドウには、少なくとも一つのサブフィクスチャが表示されます。

再び CD コマンドを用いて、サブフィクスチャをたどります。

[LiveSetup/Layers 4/Spots 3/Spot 1 1]>CD 1

フィクスチャが一つのサブフィクスチャしか持たないと分かっている場合(またはサブフィクスチャ1が必要な場合)、CD Fixture 1.1 というコマンドで、その場所に移ることができます(今すぐは実行しないでください)。

ここで、もう一度 List コマンドを実行して、このフィクスチャのアトリビュートを一覧表示してください。Command Line Feedback ウインドウに表示された一覧を見ると、PAN の番号が 3、TILT の番号が 4 であることが分かります。コマンドラインのルートに戻り、この結果をもとにして、二つのアトリビュートを割り当てることができます。以下のように入力してください。

[LiveSetup/Layers 4/Spots 3/Spot 1 1/Spot 1 1]>CD/

これでルートに戻ります。
そして、これらのアトリビュート番号を用いて割り当ててください。

[Channel]> Assign Fixture 1.1.3 ChannelPage 1.2
[Channel]> Assign Fixture 1.1.4 ChannelPage 1.3

実際には、アトリビュート名を用いる方が簡単です。フィクスチャが一つのサブフィクスチャしか持たないと分かっていれば、以下のように行えます。

[Channel]> Assign Fixture 1.1.PAN ChannelPage 1.2
[Channel]> Assign Fixture 1.1.TILT ChannelPage 1.3

フィクスチャのアトリビュート番号や名前を見つける方法を知っていると役に立ちます。これによって、任意のアトリビュートを検索して割り当てることができます。

 

チャンネルページの自動作成

Setup -> Show -> Auto CreateChannel Pages タブを選ぶと、チャンネルページを自動作成できます。


Auto Create menu - Channel Page タブ

このメニューは、左右に分かれています。左側には、フィクスチャタイプまたはレイヤを一覧表示できます。左下にある Choose ボタンをタップすると、これを切り替えられます。

右側には、左側で選択されているものの内容が一覧表示されます。

左側の一覧で一つまたは複数の要素を選択してから、右側の一覧でフィクスチャを選択/解除します。選択された各フィクスチャに対して、Dimmer アトリビュートのフェーダが作成されます。

右端には、緑の入力欄が三つあります。
一番上の入力欄では、自動作成されるフェーダのチャンネルページ番号を設定します。
中央の入力欄では、最初のフェーダ番号を設定します。
一番下の入力欄では、ページ幅を設定します。ハードウェアに合わせて幅を設定するとよいでしょう。

作成時に、チャンネルページに名前を付けたい場合は、Always ask for Name ボタンを有効にしてください。

Overwrite が有効な場合、ChannelFaders にアトリビュートを割り当てると、現在割り当てられているアトリビュートが常に上書きされます。

ChannelFaders を作成するには、Create ボタンをタップしてください。
この操作によって、開始ページと開始フェーダの入力欄は、次に利用可能な ChannelPage と ChannelFader に変わることに注意してください。

Create Next Page でも自動作成を行ないますが、次のページ番号から開始します。

 


動的チャンネルページ

動的チャンネルページは、フィクスチャのセレクションと現在アクティブなフィーチャに基づいて作成されたチャンネルページです。

動的チャンネルページは、Channel シートFixture シートLink Faders オプションが有効になっている場合にアクセスできます。この設定については、Title Buttons オプション を参照してください。

 

動的チャンネルページは、ChannelLink コマンドでも呼び出せます。
これによって、動的チャンネルページの On/Off を切り替えられます。
また、特定のアトリビュートの組み合わせを指定することもできます。