Masters ウィンドウ

Masters ウィンドウは、Group、Speed、Rate、および Playback マスターを一つのビューにまとめたものです。

これは、Create Basic Windows ポップアップ で作成できます。Other タブで Masters を選んでください。


Masters Window - Group Master タブ

4種類のマスターが、タブに分けられています。

それぞれのタブでは、マスターが四角で表されています。そして、各マスターは三つの領域に分かれています。

一番上の部分は、マスターの名前です。ここを押していると Locate コマンドが実行され、そのマスターが割り当てられているページに移ります(割り当てられている場合)。押している間、ミニエクゼキュータには赤背景で "Here" と表示されます。


Located マスター

マスターの下部は、左右に分かれています。左側はフェーダを表しています。右側はそのマスターに関連するボタンを表します。

 

各タブの下部には、そこにある複数のマスターに対して同時に働く種々のボタンが表示されます。
マスター部分や、下部に表示されるボタンについては、以下でタブ毎に説明しています。

 

Group キーを1秒間長押しすると、Masters ウィンドウを一時的なビューとして開くことができます。


一時的な Master View - Group Master タブ

これは Master ウィンドウと同様ですが、X-キーで操作できるように、下部のボタンの位置が移動されています。

 

Group マスター

Group マスターについての詳細は、グループ・マスター を参照してください。

Group Master タブでは、各マスターが下のように表示されます。


Group マスター

一番上の部分にはマスター名が表示されています。また、これが割り当てられているエクゼキュータ番号、グループ番号、マスターのモードについての情報も表示されます。

フェーダの右側には、FullZero という二つのボタンがあり、マスターに対して FullZero を適用できます。

ウィンドウの下部には、以下の六つのボタンが表示されます。

これらによって、3種類のマスターのそれぞれに対して Full や Zero を適用できます

 

Speed マスター

Speed マスターを用いて、複数のエフェクトやチェイサーを、共通のスピードに同期させることができます。
詳しくは Speed マスター を参照してください。


Speed マスター

マスターの右側には三つボタンがあります。DS ではスピードが倍に、HS では半分になります。また Learn をタップすると、Learn コマンドでスピードを設定できます。

ウィンドウの下部には、以下の三つのボタンが表示されます。

 

Rate マスター

Rate マスターによって、複数のエクゼキュータ間でレイトを同期させることができます。
詳しくは Rate マスター を参照してください。


Rate マスター

マスターの右側には Rate1 ボタンだけがありです。これは、Rate マスターのフェーダ位置を中央にリセットして、レイトを 1:1 に設定します。

ウィンドウの下部に表示されるボタンも All Rate1 だけです。これは、すべての Rate マスターをリセットします。

 

Playback マスター

Playback マスターは、エクゼキュータのサブマスターとして用いられます。
詳しくは Playback マスター を参照してください。


Playback マスター

マスターの右側には、FullZero という二つのボタンがあり、マスターに対して FullZero を適用できます。

ウィンドウの下部には、All FullAll Zero という二つのボタンが表示され、すべての Playback マスターに対して Full や Zero を適用できます。