エクゼキュータページ

エクゼキュータは、ページに配置されています。

ページでは、複数のエクゼキュータの組にアクセスできます。
ページを変更しても、エクゼキュータは取り除かれず、オフにもなりません。別のエクゼキュータの組に変わるだけです。

ページは、プールにまとめられています。プールについての一般的な説明は、プールの概要 を参照してください。


Executor プール - プールスタイル

プールのオプションで、下のようなシートスタイル表示に切り替えることもできます。


Executor プール - シートスタイル

プールには、それぞれのエクゼキュータページが表示されます。プールを用いてページの名前を付けることができます。
プールでは、フェーダ・エクゼキュータとボタン・エクゼキュータのそれぞれに対して、現在アクティブなページが表示されます。現在のページは FB で示されます。これらは、異なるページに表示される場合があることに注意してください。 F が灰色の場合、チャンネルページが現在アクティブになっています。詳しくは チャンネルページ を参照してください。

プールがプールスタイルの場合、オブジェクトにページが割り当てられていると、その名前が白で表示されます。アクセスされたページに何も保存されていない場合、名前が灰色で表示されます。アクセスされていなく、何も保存されていないページは、プールで空になっています。

ページの変更

ページは、プール・オブジェクトをタップすることでアクセスできます。フェーダ・エクゼキュータとボタン・エクゼキュータの両方が、そのページに移ります。

専用の Fd Pg +Fd Pg - キーを用いて、フェーダ・エクゼキュータのページを変更することもできます。これらのキーについては、Fd Pg+ および Fd Pg- を参照してください。Fd Pg - キーを2秒間長押しすると、フェーダ・ページ1に切り替わります。

また、専用の Bg Pg +Bt Pg - キーを用いて、ボタン・エクゼキュータのページを変更することもできます。これらのキーについては、Bt Pg+ および Bt Pg- を参照してください。Bt Pg - キーを2秒間長押しすると、ボタン・ページ1に切り替わります。

Setup ->  User -> Grand Master & Misc Keys には、Link Fader & Button Page という設定があります。これが有効な場合、フェーダとボタンのページ変更は区別されません。上述の四つキーでページを変更すると、フェーダとボタンの両方のページが同時に変更されます。

 

ページの変更は、コマンドラインから行うこともできます。FaderPageButtonPage、および Page という三つの関連コマンドがあります。
最初の二つのコマンドでは、フェーダ・エクゼキュータとボタン・エクゼキュータを独立して変更できます。また、Page コマンドを用いると、両方を同時に変更できます。

ページは、ページ番号やページ名を用いて切り替えられます。

[Channel]> FaderPage 5

 

[Channel]> ButtonPage 20

 

[Channel]> Page Rainbow