スプリッタやマージャとしての MA xPort Nodes 設定

MA xPort Nodes は、一つのユニバースで、スプリッタまたはマージャとして設定することができます。

Node の設定方法については、卓での xPort Nodes 設定ブラウザでの xPort Nodes 設定 を参照してください。

以下の例では、卓において、Node をスプリッタまたはマージャとして設定する方法を説明します。


Node をマージャとして設定

Node をマージャとして使用する場合、一つまたは二つのDMX入力を一つのユニバースにマージできます。

  1. Node をマージャとして設定するには、以下のようにしてください。
    ・MA xPort Node を Network Configuration に追加します。
     詳しくは セッションへのデバイスの追加 を参照してください。
  2. Configure DMX Port (MA-Net2 Mode) ポップアップで、すべてのポートに対して同じユニバースを選択します。
    詳しくは 卓での xPort Nodes 設定 を参照してください。
    ・そして、最大2ポートを "IN" モードに、1ポートを "OUT" モード に設定してください。

Node をマージャとして設定
重要
xPort Node をマージャとして使用する場合、セッションで用いたり、ネットワークによって他の xPort Node に接続することはできません。

Node がマージャとして設定されます。


Node をスプリッタして設定

  1. Node をスプリッタとして設定するには、以下のようにしてください。
    ・MA xPort Node を Network Configuration に追加します。
    詳しくは セッションへのデバイスの追加 を参照してください。
  2. Configure DMX Port (MA-Net2 Mode) ポップアップで、すべてのポートに対して同じユニバースを選択します。
    詳しくは 卓での xPort Nodes 設定 を参照してください。
    ・そして、少なくとも3ポートを "OUT" モードに、1ポートを "IN" モードに設定してください。

Node をスプリッタとして設定

Node がスプリッタとして設定されます。