キューの更新

キューに保存されている値は、新しい値を保存することによって、いつでも変更できます。

しかし、プログラマにアクティブなキューやアクティブな値がある場合は、キューを更新することもできます。

更新を行える場合、Update キーが点灯します。キーを押すと、Update メニューが開きます。

Update メニュー


Update メニュー

このメニューには、PresetEffect、および Cue という三つのセクションがあります。また、オプションを変更したりアクションを実行したりするためのいくつかのボタンがあります。

更新可能なものがある場合、セクション毎に一覧表示され、それらを処理できます。

以下は、種々のオプションについての説明です。

 

Update メニューがモニタ画面1に表示されている場合、種々のオプションやボタンを選ぶために、X-キーや、U1U2、および U3 を用いることができます。

プリセットとエフェクトについての詳細は、プリセットとは および エフェクト を参照してください。関連する種々のオプションについても説明されています。

 

キューを更新するには、更新したいシーケンスをタップします。画面エンコーダでシーケンスを選択している場合は、Update Cue ボタンをタップするか、画面エンコーダを押してください。

 

シートでの更新や編集

Sequence Tracking シートおよび Sequence Content シートで、値を直接変更することもできます。
これら二つのシートと編集プロセスについては、キュー内容の確認 を参照してください。