エクゼキュータの共通オプション

このトピックでは、エクゼキュータの最も一般的なオプションと、その関連オプションについて説明します。それ以外については、エクゼキュータのオプション を参照してください。

エクゼキュータには多くのオプションがあります(特にシーケンスが割り当てられている場合)。それらは、Assign メニューからアクセスできます。メニューを開くには、Assign キーを押してから、変更したいエクゼキュータに対応するキーを押してください。

メニューの右側にある Options ボタンをタップすると、Assign メニューのオプションが開きます。下例は、エクゼキュータにシーケンスが割り当てられている場合の表示です。


Assign メニュー - Options

オプションは、エクゼキュータに割り当てられているものによって異なります。

 

Auto Start と Auto Stop

Auto Start 機能は、マスターをゼロより上げたとき、エクゼキュータをオンにします。

Auto Stop 機能は、マスターをゼロに下げたとき、エクゼキュータをオフにします。

Auto Start と Auto Stop に関連する、その他のオプションがいくつかあります。

Auto Stop Off Time

Auto Stop が有効な場合、このオプションが表示されます。Auto Stop Off Time が有効な場合、自動停止の際にエクゼキュータに対して Off タイムが用いられます。

Master Go

Auto Stop をオフにすると、Master Go 機能が有効になります。このボタンをタップすると、下のような Select Master Go ポップアップが開きます。


Small Select Master Go ポップアップ

以下の四つのオプションがあります。これらはすべて、マスターフェーダをゼロから上げたときに働きます。

Restart

Restart は、エクゼキュータがオフになってから再びオンになるときに用いられます。

ボタンをタップすると、下のような Select Restart Mode ポップアップが開きます。


Small Select Restart Mode ポップアップ

以下の三つのオプションがあります。

 

Priority

優先度は、変更できる共通オプションの一つです。優先度については、キューの再生 を参照してください。

 

Tracking

トラッキングと、そのオン/オフを切り替える方法については、トラッキングとは を参照してください。Release FirststepWrap Around についてもそこで述べられています。

 

Off On Overwritten

Off On Overwrited 機能は、別のエクゼキュータがすべてのアトリビュートの制御を得たために、このエクゼキュータが制御を失った場合、エクゼキュータがオフになることを許します。

次のような二つのシーケンスがあるとします。シーケンス1は、フィクスチャ1に対して100%の値を持ち、赤の Color を用いています。シーケンス2も、同じフィクスチャで100%ですが、青の Color を用いています。

両方のシーケンスは、Off On Overwritten、AutoStart、および AutoStop が有効になっているエクゼキュータに割り当てられています。

  1. 最初のエクゼキュータでフェーダを上げると、フィクスチャが赤で100%になります。
  2. 2番目のエクゼキュータをフェードインすると、フィクスチャは青に変わります。
    2番目のフェーダが完全にフェードインすると(上端)、最初のシーケンスに保存されているすべてのアトリビュートの制御を得ます。
  3. 最初のエクゼキュータは、Off On Overwritten によってオフになります。
  4. 2番目のフェーダを下げると、フィクスチャがフェードアウトします。

Off On Overwritten無効の場合、同じ操作で以下のようになります。

  1. 最初のエクゼキュータのフェーダを上げると、フィクスチャが赤で点灯します。
  2. 2番目のフェーダを上げると、フィクスチャは青に変わります。
  3. 最初のエクゼキュータがまだ有効なため、2番目のフェーダを0に下げると、フィクスチャが赤になります。