MAtricks ツールバー

このツールバーは、MAtricks を制御するのに用いられます。

必要条件

  1. MAtricks を適用したいフィクスチャやチャンネルを選択します。
  2. エンコーダバーを開きます。詳しくは エンコーダ・ツールバー を参照してください。
    また、Create Basic Window によるエンコーダバーの開き方は、エンコーダバー を参照してください。
  3. MAtricks を有効にするには、Set キーを押します。
    詳しくは Set キー を参照してください。
    ― または ―
    ・MAtricks プールでオブジェクトをタップします。
    詳しくは MAtricks プール を参照してください。
    ― または ―
    ・エンコーダ・ツールバーで MAtricks をタップすると、MAtricks ツールバーが開きます。

    MAtricks ツールバー

    MAtricks Active をタップします。
    ・MAtricks Active が緑に変わります。これは、MAtricks が有効になっていることを表しています。

    MAtricks ツールバー - MAtricks の有効化
  4. 設定を行うには、 の左にあるボタンをタップします。
    ・設定箇所に応じて、電卓やポップアップが開きます。
    ・値を入力/選択してください。
  5. 設定を行うと、対応するボタンが緑に変わり、変更が即座に適用されます。
重要
緑の背景の設定のみが、MAtricks プールに保存されます。
  1. MAtricks ツールバーで行った設定を保存します。
    Store を押してから、MAtricks プールで空のオブジェクトをタップしてください。
    詳しくは MAtricks プール を参照してください。
  2. MAtricks ツールバーを閉じます。
    ツールバーの右上隅にある をタップしてください。

MAtricks Settings

ヒント
MAtricks ツールバーの によって設定を調整できます。
重要
Y軸に対して行う設定 Single Y、Block Y、Align Group Y は、インターリーブが適用されている場合にのみ有効になります。

Interleave:
インターリーブを設定します。

  1. MAtricks のインターリーブを増やすには、Set を押しながら Next を押します。
  2. MAtricks のインターリーブを減らすには、Set を押しながら Prev を押します。

MAtricks Filter:
フィルタを設定します。以下の三つの選択肢があります。

Off: フィルタなし。
OddID: 奇数番号のフィクスチャを選択。
EvenID: 偶数番号のフィクスチャを選択。

  1. フィルタを設定するには MAtricks Filter をタップしてください。Select Input ポップアップが開きます。

Select Input ポップアップ
  1. フィルタを選択してください。

Single X:
MAtricks を垂直方向で選択します。

Single Y:
MAtricks を水平方向で選択します。

Block X:
垂直方向にブロックを作成します。

Block Y: 
水平方向にブロックを作成します。

Align Group X:
セレクションのグループを垂直方向に整列します(ファン機能)。

Align Group Y:
セレクションのグループを水平方向に整列します(ファン機能)。

セレクションを、四つ毎のグループで整列します。

  1. Align Group X を 4 に設定します。
  2. コマンドラインで以下のように入力します。
[Channel]> At 10 Thru 100

このコマンドは、グループ毎に四つ目のフィクスチャで最高値になるファン機能を適用します。


Layout View に表示されている LED にファン機能を設定

Wing:
セレクションでウィングを作成します。

Wingstyle:
以下のウィング・スタイルを設定します。

None: スタイルなし。
Pan: ウィングは、Pan 値に対して働きます。
Tilt: ウィングは、Tilt 値に対して働きます。
PanTilt: ウィングは、Pan/Tilt 値に対して働きます。
X: ウィングは、X 値に対して働きます。
Y: ウィングは、Y 値に対して働きます。
Z: ウィングは、Z 値に対して働きます。
XY: ウィングは、X/Y値に対して働きます。

  1. ウィング・スタイルを設定するには、Wingstyle をタップしてください。Select Input ポップアップが開きます。

Select Input ポップアップ
  1. ウィング・スタイルを選択してください。

Reset:
MAtricks 設定をリセットします。

ヒント
ClearAll キーワード または MAtricksReset キーワード を用いることによっても、MAtricks をリセットできます。

Circular Copy:
MAtricks で、値の環状コピーを行います。
詳しくは CircularCopy キーワード を参照してください。

Shuffle Selection:
MAtricks で、セレクションにシャッフル機能を適用します。
詳しくは ShuffleSelection キーワード を参照してください。

ヒント
MAtricks プールに保存した設定は、User キーに割り当てることができます。
詳しくは User 1 キーUser 2 キー を参照してください。