DMX Lists と Parameter Lists

このトピックでは、LiveSetup メニューから利用可能な二つのリストについて見ていきます。

これらのリストは、Setup キーを押してから Patch Only (Live) をタップすることで開けます。

DMX List

LiveSetup では、メニューの右側に DMX List ボタンが表示されますので、それをタップしてください。メニューがモニタ画面1にある場合は、U4 キーを押すことでも可能です。


DMX List

DMX List は、左右二つに分かれています。

左側には、すべてのユニバースと、そのプロパティが一覧表示されています。

右側には、左側で選択されているユニバースの、すべてのDMXアドレスが表示されます。 各アドレスに何がパッチされているかを確認したり、DMXアドレスにDMXプロファイルを割り当てたりすることができます。ここでは情報が表示されるだけで、DMXプロファイル以外は変更できません。DMX Profile 列のセルを編集すると、利用可能なDMXプロファイルを選択するためのポップアップが開きます。
DMX プロファイルについては、DMXプロファイル を参照してください。

左側の一覧には多くの列項目があり、背景が灰色のセルはすべて編集可能です。以下は、左側の列項目についての簡単な説明です。

Number:
ユニバース番号です。この値は変更できません。

Name:
DMX ユニバースの名前です。ユニバースが何に使われているか簡単に識別できるように、名前を付けられます。

DMX In Merge:
このセルを編集すると、下のような選択ポップアップが開きます。


Select DMX In Merge ポップアップ

このポップアップには、以下の三つの選択肢があります。

RDM:
ここで、DMXユニバースのRDM機能をオン/オフできます。詳しくは RDM を参照してください。

RDM Devices:
DMXユニバースで検出されたRDMデバイスの数です。

Requested:
ここでは、どのユニバースの制御を要求しているかを確認できます。ユニバースの出力の On/Off を切り替えられます(Off の場合は空欄)。

Granted:
ここでは、ユニバースが許可されいるかを確認できます。十分なパラメータがない場合、ユニバースが与えられない可能性があります。卓は、できるだけ多くのユニバースが番号1から始まるようにパラメータを与えようとします。ユニバースは、要求しないと与えられません。

Info:
ユニバースに関する情報を設定できます。

 

ここで行った変更は、直ちに反映されます。


Parameter List

LiveSetup では、メニューの下部に Parameter List ボタンが表示されますので、それをタップしてください。メニューがモニタ画面1にある場合は、X16 キーを押すことでも可能です。


Parameter List

Parameter List も、左右二つに分かれています。左側には、Patch & Fixture Schedule と同様にレイヤの一覧が表示されます。右側には、左側で選択されているレイヤにあるすべてのパラメータが表示されます。

左側の一覧で変更できるのは、各レイヤの名前と情報だけです。

右側の一覧では、より多くの編集可能な列項目があります。ここで編集しているものは、パラメータに関連付けられ、それに従います。 つまり、フィクスチャをパッチしなおせば、設定もそれに従います。
一覧は、ID番号、名前、アドレス、アトリビュートなど、列項目でソートすることができます。ソートは、昇順/降順の両方が可能です。

以下は、編集可能な列項目の簡単な説明です。

 

ここで行った変更は、直ちに反映されます。

フィクスチャを編集することによっても(Edit Fixture X)、同じものを変更できます。