DMX テスト

DMXテスターによって、任意のDMXアドレスにDMX値を送信することができます。これは、フィクスチャのアドレスを特定したり、作業灯をつけたりする際に役立ちます。

DMXテスターは、プログラマ、エクゼキュータ、およびパークされた値よりも高い優先度を持ちます。DMXテスターの影響下にあるDMXアドレスには、値の背景色が白になり、白いマーカが表示されます。また、現在選択されているDMXアドレスには、黄色のマーカも表示されます。


DMXテスターの影響下にあるアドレス

 

DMXテスタを利用するにはいくつかの方法があります。

GUIによるDMXテスターの利用

エンコーダやエンコーダ・ツールバーを用いて、DMXチャンネルをテストできます。

DMX シート を開き、"Link Encoders" オプションが有効になっていることを確認してください。

ここで、シート内のどこかをタッチすると、下のような新しいエンコーダ・ツールバーが表示されます。


エンコーダ・ツールバー - DMX テスター

左端のエンコーダでユニバースを選択します。エンコーダ表示の隣にあるボタンで、表記を UniverseAbsolute の間で切り替えられます。Absolute を選択した場合、このエンコーダは使わずに、2番目のエンコーダだけでアドレスを指定できます。

2番目エンコーダでDMXアドレスを選択します。エンコーダ表示の隣にあるボタンには、Release または Retain という二つの選択肢があります。Release の場合、DMXアドレスをスクロールした際に、DMXテスタの影響を受けるのは選択されているチャンネルだけになります。Retain の場合、次のアドレスに移っても、以前のアドレスのテスト出力値が保持されます。

3番目のエンコーダでテスト出力を設定します。これは、選択したDMXアドレスに送信される値です。隣のボタンで、値の表記を Percent (0〜100) と Decimal (0〜255)との間で切り替えられます。
まだエンコーダに触れていない場合、"none" という特殊な値になります。これは、DMXアドレスに影響を与えていないことを意味します。DMXテスターによって、実際に値をゼロに設定することもできます。例えば、シャッターのチャンネルを強制的に開いたままにしておきたい場合などに役立ちます。"none" 値にする最も簡単な方法は、エンコーダを押すか、電卓ポップアップを使用することです。

右端のエンコーダは、選択されているDMXアドレスにフィクスチャをパッチするために用いられます(ライブパッチ を参照)。

 

エンコーダ・ツールバーの上部には、いくつかのボタンがあります。以下は、各ボタンの簡単な説明です。

All / Patched / Unpatched:
このボタンは、All、Patched、および Unpatched の間で切り替わります。
DMXテスターの影響下に置くDMXアドレスを選択します。

Select All:
DMXテスタの影響下にあるすべてのDMXアドレスが選択されます。

Release Current:
現在選択されているDMXアドレスを、DMXテスタの影響下から解放します。

Release Others:
現在選択されているDMXアドレスはそのままにして、それ以外のDMXアドレスをすべて解放します。

Release All:
すべてのDMXアドレスが、DMXテスタの影響下から解放されます。

Park Current:
現在選択されているDMXアドレスを、現在のDMX値にパークします(Park Keyword を参照)。

Unpark Current:
現在選択されているDMXアドレスのパークを解除します(Unpark キーワード を参照)。

 

コマンドラインによるDMXテスターの利用

DMX のテストは、Dmx キーワード を用いてコマンドラインから行うこともできます。

 

一般的な構文は、以下のようになります。

DMX [アドレス (範囲)] At [値 (範囲)]

これによって、DMXアドレスに値が設定されます。

一つアドレス(範囲)を解放するには、以下のように入力してください。

Off DMX [アドレス (範囲)]

すべてのDMXアドレスが解放するには、以下のように入力してください。

Off DMX Thru