フィルタの作成

Filter プールにフィルタを作成するには、二つの方法があります。プール・オブジェクトの一つを編集すると、Edit Filter ポップアップが開きます。もう一つの方法は、Store キーまたは At キーによって一時フィルタを作成するときに、新しい(最初に利用可能な)フィルタとして保存することです。一時フィルタについては、一時フィルタの使用 を参照してください。

Edit Filter ポップアップは、下のようになります。


Edit Filter ポップアップ

このポップアップは、一時フィルタを作成する場合やプールでフィルタを作成する場合とほとんど同じです。

フィルタでブロックしたい要素を、このポップアップでオフします。

選択されてオンになっているアトリビュートは黄色で表示され、それらの情報がフィルタを通過します。

少し分かりにくいかもしれませんが、このポップアップにはいくつかの列で構成されています。左端の列のボタンはシステムにあるすべてのプリセットタイプ、2番目の列のボタンはフィーチャです。そして、隣にある(最大で)4列のボタンは、すべてのアトリビュートです。

ここに表示される要素は、フィクスチャの設定によって変わります。

右端の列には、Value、Value Times および Effect データレイヤでフィルタリングするための三つのボタンがあります。

プリセットタイプ、フィーチャおよびアトリビュートについては、アトリビュート、フィーチャおよびプリセットタイプとは を参照してください。

データレイヤについては、シートのレイヤ を参照してください。

タイトルバー

タイトルバーには、いくつかのボタンがあります。最初の二つは、ウィンドウをズームするためのもので、これらによってボタンのサイズが変わります。

次の None ボタンはすべてのアトリビュートの選択が解除します。また、All はすべてのアトリビュートの選択します。

右端の でポップアップが閉じます。

フィルタリング対象の選択

フィルタを作成する場合、通したくない要素をオフにできます。

プリセットタイプをオフにすると、そのフィーチャとアトリビュートもオフになります。一つのフィーチャをオフにすると、そのアトリビュートと、プリセットタイプもオフになります。一つのアトリビュートをオフにすると、それが属するプリセットタイプやフィーチャもオフになります。

"Demo Dimmer and More" デモショーでは、"Dimmer" フィーチャに、"Dim" と "Curve" という二つのアトリビュートがあります。

"Curve" アトリビュートなしのフィルタを作成する場合、設定は下のようになります。


"Curve" アトリビュートなしのフィルタ

"Curve" をオフにすると、"Dimmer" プリセットタイプと "Dimmer" フィーチャのボタンもオフになります。"Dim" アトリビュートはオンのままで、ディマー値はフィルタを通過します。

プリセットタイプやフィーチャのボタンは、その中のすべてのアトリビュートがオンの場合にのみオンとなります。