電卓

電卓は、値を入力または編集する必要がある場合に常に表示されます。

電卓は、入力すべき値に応じてボタンが変化する動的な画面です。


Gobo 値に対する電卓

タイトルバーには、アトリビュート、単位、また場合によっては値の範囲が表示されます。

フィクスチャやチャンネルがチャンネル機能を持つ場合、機能セットは別のタブに表示されます。

タブの下にある緑の編集行に、値や範囲を入力します(例: 1 Thru)。

電卓画面の左側には、常に数字パッドがあります。

また、右側には、機能ボタンがあります。

適用されている機能は、背景が茶色になります。


適用されている機能

デフォルトの電卓ボタン

以下のボタンは、すべての電卓画面で利用できます。

ボタンは数字パッドの右隣にあり、編集行と相互作用します。

Back:
カーソル位置の一つ前の文字を削除します。

Delete:
選択されている文字、またはカーソル位置の直後の文字を削除します。

Home:
編集行の先頭に移動します。

End:
編集行の最後に移動します。

<-:
カーソル位置を1文字分戻します。

->:
カーソル位置を1文字分進めます。

+/-:
+ または - のプリフィックスを挿入します。 -  ボタンで、負のプリフィックスを入力しないでください。

Please:
値を確定して適用します。電卓が閉じます。


アトリビュート機能ボタン

アトリビュートの編集には、常に以下のボタンを使用できます。

Off:
プログラマから値をクリアします。

Deactivate:
プログラマの値を無効にします。この値は、プログラマではもうアクティブではありません。

Remove:
プログラマに Remove 値を入力します。詳しくは Remove キーワード を参照してください。

Release:
プログラマに Release 値を入力します。詳しくは Release キーワード を参照してください。

Default Link:
アトリビュートが、それらのデフォルト値にリンクします。詳しくは Default キーワード を参照してください。