イーサネットDMX

今のところ、ネットワークによるDMXの送受信でサポートされているプロトコルは、sACN と Art-Net の二つです。

これらは、DMX Protocols メニューで設定・変更できます。


Art-Net に対するDMXプロトコル設定

 

メニューにアクセスするには、Menu を押してから DMX Protocols をタップします。

DMX Protocols ボタンをタップすると、上の画面例のように、最初のプロトコルである Art-Net のメニューが開きます。

メニューは、コマンドラインからも開けます。

Art-Net の場合:

User name[Fixture]> Menu "ArtNet"

sACN の場合:

User name[Fixture]> Menu "sACN"

 

左側のメニューには、各メニューに対応する二つのボタンがあります。ボタン上部のラインは、入出力の状態を以下のような4種類の色で示してます。

 

二つのプロトコルについては、下位トピックを参照してください。