sACN (streaming ACN) メニュー

このトピックの内容

ACN (および streaming ACN)は ANSI/ESTAの国際標準です。詳しくは https://en.wikipedia.org/wiki/Architecture_for_control_networks を参照してください。

ACN (Architecture for Control Networks) はプロトコル・スイートです。これは、現在 grandMA3 によってサポートされていない多くの要素を含んでいます。しかし、ACN プロトコルには、DMXデータを転送するための簡易バージョンもあります。これは、'Lightweight streaming protocol for transport of DMX512 using ACN'、より一般的には "streaming ACN" または "sACN" と呼ばれています(国際標準 E1.31)。

設定は、以下の sACN メニューで行います。


sACN メニュー

このメニューの開き方については、イーサネットDMX を参照してください。

設定ボタン

メニューの上部には、以下のようなボタンがあります。

重要
  • Setup モードを有効にすると、Enable Output および Enable Input がオフでも、sACNの設定データを送受信できます。
  • Setup モードがオフで出力が有効な場合、DMXと設定データが送信されます。
  • Setup モードがオフで入力が有効な場合、DMXと設定データが受信されます。

ボタンの下には、Data と Nodes という二つのタブがあります。Data は、出力と入力の設定に用いられます。Nodes では、ネットワーク内の送信ノードを確認できます。

Data タブ

Data タブは行と列からなる表です。各行が sACN 設定に相当しています。行が無効か有効になっていない場合、名前が赤文字になります。

以下は列項目の簡単な説明です。

Nodes タブ

このタブには、ネットワーク内の送信ノードが表示されます。検出された各ノードが行になります。各ノードは、「ページ」のために一つ以上の下位行を持ちます。