Art-Net メニュー

このトピックの内容

Art-Netは、Artistic License (https://artisticlicence.com)によって開発されたロイヤリティフリーのプロトコルです。

grandMA3 は、Art-Net 4 をサポートしています。

設定は、以下の Art-Net メニューで行います。


Art-Net メニュー

このメニューの開き方については、イーサネットDMX を参照してください。

Art-Net の送信に必要な手順については、Art-Net によるDMX送信 を参照してください。

設定ボタン

メニューの上部、以下のようなボタンがあります。

ボタンの下には、Data と Nodes という二つのタブがあります。Data は、入出力の設定に用いられます。Nodes では、ネットワーク内で検出された Node を確認できます。その Node が対応している場合、Node 上のポートを設定することもできます。

Data タブ

Data タブは行と列からなる表です。各行が Art-Net 設定に相当します。行が無効か有効になっていない場合、名前が赤文字になります。

以下は列項目の簡単な説明です。

 

Nodes タブ

検出された各ノードが行になります。ノードは、「バインド」のために一つ以上の下位行を持ちます。各バインドが持てるのは4ポートだけです。それより多くのポートがある場合、そのデバイスは複数のバインドを持ちます。