DMXポートの設定

DMX出力および入力の設定は、Output Configuration メニューで行います。ポートには、A からアルファベット順にラベルが付けられています。

MIDI、SMPTE、DCリモート入力、および Ethernet インターフェースに対する列項目もありますが、このトピックでは説明しません。これらについては、タイムコード および リモート入力 を参照してください。


Output configuration メニュー - 卓および onPC

Menu を押してメニューにアクセスし、Output Configuration をタップします。

― または ―

コマンドラインからメニューを開きます。

User name[Fixture]> Menu "OutputConfig"

イーサネットでDMXを送受信する方法については、イーサネットDMX を参照してください。

メニューには、grandMA3 デバイスが一覧表示されます。タイトルバーには、Session というボタンがあります。これが All の場合はネットワーク内のすべてのデバイスが、In Session の場合はセッション内のデバイスだけが一覧に表示されます。

デバイスは、Console、onPC、PU、および NetworkNode セクションにまとめられていて、展開すると各カテゴリのデバイスを確認できます。セクションは、そのカテゴリ内にデバイスがある場合にのみ展開できます。

メニューには、列項目を表示するための種々のモードがあります。タイトルバーに Columns というボタンがあり、以下のような三つのモードを切り替えられます。

DMXポート

各DMXポートには、以下四つの設定があります(Full モードでのみ表示)。

Mode:
各ポートには、以下の4種類のモードを設定できます。

XLR:
ポートを関連付けるユニバース番号を指定します。フィクスチャは、ユニバース1〜1024にパッチできます。

Merge:
これは、ポートの Mode が In の場合にのみ表示されます。

以下の選択肢があります。

Prio (Priority):
DMX入力をマージする際に用いられます。これは、ポートの Mode が In で Merge が Prio に設定されている場合にのみ用いられ、編集することができます。

これを編集すると、小さな選択ポップアップが開きます。

選択肢は以下の通りです(優先度の高い順)。

重要
ポート設定は、設定されている各デバイスに保存されます。

インポートとエクスポート

各デバイスは、そのポート設定を保持しています。設定は、xml ファイルにエクスポートでき、それを再びインポートできます。これによって、ショーごとに異なる設定ファイルを利用できます。

設定のエクスポート

すべてまたは複数のデバイスを一つファイルにエクスポートするか、あるいは単独のデバイスでファイルを作成できます。エクスポートの前に、複数のデバイスを選択するか、一つだけを選択するかの違いだけです。

設定のインポート

デバイスの追加と削除

デバイスの一覧は、ネットワークに新しいデバイスが追加されると自動的に更新されます。

Remove Absent をタップすると、ネットワークからなくなっているデバイスが一覧から削除されます。