GDTFのインポート

grandMA3 では、フィクスチャタイプを記述した GDTF (General Device Type Format)ファイルをインポートできます。

GDTFファイルは、以下のものを含んだZIPアーカイブです。

GDTFの詳細については、DIN specification 15800:2022 (www.beuth.de/de/technische-regel/din-spec-15800/349717520) を参照してください。

卓から、またはワールドサーバから直接GDTFをインポート

ワールドサーバへのアクティブな接続がある場合(詳細は ワールドサーバ を参照)、grandMA3 fixture share および GDTF ライブラリに直接アクセスできます。

  1. Menu を押してメニュー開きます。
  2. Patch をタップして Patch メニューを開きます。
  3. ウィンドウの左側で、Fixture Types をタップします。
  4. ウィンドウの下部にある Import をタップします。
    Select fixture type to import from library ポップアップが開きます。

Select fixture type to import from library ポップアップ
  1. Share ボタン()をタップします。
  2. フィクスチャタイプを選択し、Import をタップしてください。

フィクスチャがフィクスチャタイプ・リストにインポートされ、パッチできるようになります。

フラッシュドライブからGDTFをインポート

フィクスチャは、USBフラッシュドライブにエクスポートできます。ワールドサーバにアクセスできない場合でも、フィクスチャをショーファイルにインポートできます。

  1. www.gdtf-share.com でGDTFファイルをダウンロードするか、USBフラッシュドライブにエクスポートします(ステップ4に進む)。
  2. ファイルはダウンロード・フォルダにあります。
  3. GDTFファイルをUSBフラッシュドライブにコピーします。GDTFフィクスチャタイプのデフォルトパスは、/grandMA3/gma3_library/fixturetypes です。
  4. USBフラッシュドライブを卓に挿入します。
  5. Patch ダイアログを開き、Fixture Types をタップします。
  6. Import をタップします。
    Select fixture type to import from library ポップアップが開きます。

Select fixture type to import from library ポップアップ - USBドライブを選択
  1. 右上隅のボタンで、GDTFファイルを含むUSBフラッシュドライブを選択します。
  2. 目的のフィクスチャタイプを選択します。
  3. Import をタップしてください。

フィクスチャがフィクスチャタイプ・リストにインポートされ、パッチできるようになります。

パッチの方法については、GUIによるショーへのフィクスチャ追加 を参照してください。