GUIによるショーへのフィクスチャ追加

ここでは、GUI を用いて、ショーにフィクスチャ(またはデバイス)を追加してパッチを行う作業について説明します。

クイックステップ
1. Patch メニューを開きます。
2. "Stage" オブジェクト内に必要な行数を追加します。
3. "Mode" 列を編集して、目的のフィクスチャタイプをインポートします。
4. "FID" 列で行を選択し、その開始ID番号を入力します。
5. オプション - "IDType" 列を編集し、別のIDタイプを選んで "CID" 列の行にID番号を付けます。
6. "Patch" 列で領域を選択し、それらの列に対して開始DMXアドレスを入力します。
7. Patch メニューを閉じて変更を保存します。

これらの手順が必要です。詳しくは後述を参照してください。

Patch メニューへの移動

フィクスチャを追加するには、Patch メニューを開く必要があります。

  1. Menu ボタンを押します。
  2. Menu ポップアップで Patch ボタンをタップしてください。

Patch メニューが開きます。


Patch メニューの例

 

Patch にデバイスを挿入する

各フィクスチャは、Path に行として追加する必要があります。フィクスチャは、親となるステージ・オブジェクトの下にまとめます。

デフォルトの親は、"Stage 1" です。Stage オブジェクトは複数作成できます(後述参照)。

Patch の各行には、種々のオプションに対する列項目があります。

Stage オブジェクトを開き、以下のようにしてフィクスチャを追加してください。

  1. "Stage 1" の右向き矢印をタップして、オブジェクトを開きます。
  2. "Stage 1" の下にある New Fixture をタップします。
  3. Insert ボタンを1回タップして、ショーにフィクスチャを追加します。

フォーカス行の上に新しい行がに挿入されます。

  1. 別のフィクスチャを追加するには Insert ボタンをタップします。ショーで必要なフィクスチャごとに、これを繰り返してください。

各行はフィクスチャを表しています。次は、フィクスチャタイプを指定します。

 

フィクスチャ行にフィクスチャタイプを割り当てる

フィクスチャ行には、フィクスチャタイプを割り当てる必要があります。そうでないと、制御やプログラミングの対象が何もありません。

  1. フィクスチャタイプを変更するか初めて割り当てる行に対して、Mode 列のセルを選択します。
  2. マウスで右クリックするか、タッチスクリーンを長押しすると、選択されている青い領域で Select Mode ポップアップが開きます。
  3. ポップアップの一覧に目的のフィクスチャタイプがない場合は、"From Library" を選ぶと、新たに Edit Import fixture type ポップアップが開きます。
  4. ポップアップで目的のフィクスチャタイプを選んでください。

選択されている行にフィクスチャタイプが割り当てられます。

 

フィクスチャにIDを割り当てる

フィクスチャを選択/制御するには、少なくとも一つのIDが必要です。

各フィクスチャには2種類のID番号があります。その両方、またはどちらか一方を持つことができますが、少なくとも一つは必要です。

"FID" は、デフォルトのフィクスチャIDです。この番号は、Fixture キーワードとともに用いられます。

"CID" は第2のIDです。これは、IDType が "Fixture" とは異なる場合に使用できます。IDType 欄を編集すると Select IDType ポップアップが開きます。


IDType を選ぶ

ここには8種類のIDTypeがありますが、CID を用いるには、"Fixture" 以外のものを選びます。

  1. IDを割り当てたいフィクスチャ行に対し、FID または CID 列のいずれかでセルを選択します。選択順は重要です。
  2. キーボードで番号を入力し、Please を押して割り当ててください。

これで、フィクスチャにIDが割り当てられます。番号は、選択順に基づいて順番に振られます。

 

フィクスチャに名前を付ける

フィクスチャには、ラベルや名前を付けておくとよいでしょう。これは必須ではありませんが、役に立ちます。

  1. Name 列で、目的のフィクスチャの領域を選択します。連番を振る場合は、選択順が重要になります。
  2. キーボードで名前を入力します。末尾に空白で区切られた数字があると、それから始まる連番が付加されます。

 

フィクスチャにDMXアドレスを割り当てる

出力できるようにするには、フィクスチャにDMXユニバースとアドレスを割り当てる必要があります。

フィクスチャにアドレスを設定するには、主に二通りの方法があります。一つは目的のアドレスを入力する方法、もう一つは専用の Edit Patch メニューを用いる方法です。

番号を入力:

  1. Patch 列で、アドレスを割り当てるフィクスチャ行部分を選択します。このとき選択順は重要です。
  2. ドットで区切られたDMXユニバースとアドレス(例: 2.1)をキーボードで入力し、Please を押して割り当てます。

Edit Patch メニューを利用

  1. Patch 列で、アドレスを割り当てるフィクスチャ行部分を選択します。このとき選択順は重要です。
  2. 青い選択部分を右クリックするか、Patch ボタンをタップすると、Edit Patch メニューが開きます。

Edit Patch メニューでDMXユニバースの概要を見る

このメニューは左右に分かれています。左側には選択されているすべてのフィクスチャが、右側にはすべてのDMXユニバースとアドレスを含むビューがあります。メニューの左側でフィクスチャを選ぶと、右側のユニバース一覧で、利用可能な空きアドレスが分かります。ユニバースを選び、選択したDMXアドレスにフィクスチャを割り当てるには、いくつかの方法があります。

このメニューでは、専用のエンコーダツールバーも開きます。


Edit Patch エンコーダツールバーによる簡単なナビゲーション

このツールバーによって、フィクスチャ、ユニバース、およびアドレスを選択できます。

以下は、そのための一つの方法です。

  1. 正しい順番でフィクスチャを選択します。
  2. エンコーダによって、目的のアドレスに移ります。
  3. Address エンコーダをタップして、そのアドレスにフィクスチャを割り当ててください。

選択されているフィクスチャがすべてパッチされると、Edit Patch メニューは自動的に閉じます。

 

ステージの新規作成

整理のために複数のステージを作成することができます。別のステージは 3D Window に表示されません(フィクスチャは表示)。

Stage オブジェクトは、Patch メニューで作成します。

  1. このトピックの最初で述べた方法で、Patch メニューを開きます。
  2. 現在の Stage オブジェクトの下にある New Object をタップします。
  3. マウスで右クリックするか、Insert ボタンをタップしてください。

 

ステージを移動・サイズ変更・回転しても、Stage オブジェクト内のフィクスチャ位置は変わりません。フィクスチャ位置は、ステージではなく3D空間のゼロ・ポイントにリンクされます。