ワールドサーバ

各ステーションは、インターネットに繋いで、ワールドサーバに接続できます。

インターネット接続が検出されると、ステーションは自動的にワールドサーバへの接続を試みます。

ワールドサーバの接続状態は、コマンドライン の右側にある地球儀アイコンで確認できます。このアイコンが緑色の場合、ステーションはサーバに接続されています。

詳しくは ネットワーキング を参照してください。

MA Lighting が提供する公式ワールドサーバのアドレスは、worldserver.malighting.de です。

サーバのアドレスは、Network メニューで変更できます。詳しくは セッション を参照してください。

サーバには、フィクスチャタイプ・ファイルと Crash Log のアップロードという二つの機能があります。

フィクスチャタイプ・ファイル

GDTF Share および grandMA3 Share のフィクスチャタイプ・ファイルは、ショーファイルへの直接インポートとして提供されています。詳しくは GDTFのインポート および GUIによるショーへのフィクスチャ追加 を参照してください。

クラッシュログ

ステーションは、クラッシュ時にログを作成します。これらのログファイルは、接続が確立されると自動的にサーバに送信されます。これは、ステーションが次回接続されたときに、ファイルが送信されるということです。また、ステーションがジョブから作業に戻ったときに、ワールドサーバに接続されている場合にも当てはまります。

テクニカルサポートが必要な場合は、ステーションがオンラインになっていることを確認し、クラッシュの発生日時とステーションのシリアル番号を提供してください。grandMA3 onPC ステーションにもシリアル番号が生成されます(Version キーワード で確認)。

 

重要
これらの機能が不要な場合は、Network メニューでサーバアドレスを "0" にしてください。