グループ・マスター

このトピックの内容

グループは、グループ内のフィクスチャに対するマスターとなることができます。

値を頻繁に調整する場合は、グループをエクゼキュータに割り当てると便利です。方法については エクゼキュータへのオブジェクト割り当て を参照してください。

グループ・マスターには以下の4種類があります。

Positive マスターと Negative マスターの違いは、複数のグループに同じフィクスチャや重複するフィクスチャが含まれている場合に関わってきます。Negative マスターは Positive よりも優先されます。例えば、二つのグループに出力100%のフィクスチャが含まれていて、一方のグループが80%の Positive マスターで、もう一方のグループが60%の Negative マスターだった場合、出力は60%になります(Negative マスターによって制限)。Negative マスターを上げると、Positive マスターが有効になって、出力が80%で止まります。


マスターを持つ Group プール

モードが割り当てられているグループには、マスターレベルを表示する水平バーがあります。

マスターモードは、Edit Group ポップアップで選択できます。詳しくは グループの編集 を参照してください。

モードは、Set キーワード によって割り当てることも可能です。

コマンドラインから、グループ4のマスターモードを Positive に設定します。

User name[Fixture]> Set Group 4 "Mode" "Positive"

モードの名前では大文字と小文字が区別されます。"positive" ではなく "Positive" と入力しないと機能しません。

ヒント
モードを指定しなかった場合、ポップアップが表示され、リストからモードを選択できます。

グループ・マスターの削除

グループを消さずに、それをエクゼキュータから削除できます。

Group プールでグループを削除すると、ショーから無くなります。

制限:
グループがマスターによって制限されている状態でそれを削除すると、フィクスチャが制限されたままになってしまうので注意してください。制限を外すためには、そのフィクスチャで新しいグループを作成しなければなりません。
グループがエクゼキュータから削除された場合、そのグループは Group プールにまだ存在していて、エクゼキュータで設定されたマスターレベルはプールで引き続き有効になっています。