Fade キーワード

Fade キーワードをコマンドラインに入力するには、以下のいずれかを行ってください。

説明

Fade は、フェードタイムを示すための補助キーワードです。

再生機能(例: Goto)に対する補助キーワードとして用いた場合、機能を実行する際のタイムを設定します。

プログラミング機能(例: Store)に対する補助キーワードとして用いた場合、オブジェクトのフェードタイムを設定します。

開始キーワードとして用いた場合、プログラマ内で、現在のセレクションやアトリビュートに対して個別にタイミングを適用します。

ヒント
コマンドラインが機能で始まる限り、Fade キーワードと値は、コマンドラインのどこででも使われる可能性があります。

キューに対するフェードタイムの設定については、CueFade キーワード を参照してください。

構文

Fade [値リスト]

User name[Fixture]> Goto Cue 3 Fade 4

 

User name[Fixture]> Fade 2

 

User name[Fixture]> At 50 Fade 2