Activation グループ

Activation グループは、一緒にアクティブ化すべき複数のアトリビュートがある場合に用いられます。

例えば、Pan と Tilt の値を一緒に保存することは、多くの場合、理にかなっています。これらを同じ Activation グループに入れると、それが可能になります。これらの一つをアクティブにすると、他のアトリビュートもアクティブになります。

工場出荷時に定義されているアトリビュートに対して利用できるいくつかの定義済みグループがあります。また Attribute Definitions でカスタムのグループを作成して利用することもできます。グループを利用するには、あらかじめそれを作成しておく必要があります。


標準的な Activation グループ

メニューには、以下の四つの列項目があります。

Activation グループの新規作成と利用

以下の手順で、Activation グループの新規作成を行います。

  1. Menu キーを押します。
  2. Patch をタップします。
  3. 左側の Attribute Definition をタップします。
  4. 上部のタブで Activation Group をタップします。
  5. 新しいグループを挿入したい位置の行を一覧で選択します。
  6. 下部にある Insert New ActivationGroup をタップします。
  7. Name 欄を編集して、説明的な名前を付けます。
  8. 上部のタブで Attribute Definitions をタップします。
  9. Attribute Definitions メニューで、新しいグループを関連するアトリビュートに割り当てます。
  10. 終了したらメニューを閉じ、変更を保持するかどうかを確認するポップアップで Save and Exit をタップしてください。

Activation グループ の使い方については、Attribute Definition を参照してください。