3D空間へのフィクスチャ配置

3D Window は、3D空間内のフィクスチャを視覚化します

これを強力なツールとして利用するには、フィクスチャを3D空間に配置する必要があります。仮想フィクスチャは、現実のフィクスチャと一致するように配置・回転してください。

フィクスチャの位置を変更するには、Patch による方法3D Window による方法 の二通りがあります。

Patch によるフィクスチャ配置

パッチからフィクスチャを配置する最良の方法は、Live Patch から行うことです。

  1. Menu を押します。
  2. Live Patch ボタンをタップしてください。

Patch では、各フィクスチャの行に対して、Position および Rotation 値の列があります。


Patch - Position と Rotation 値

新規フィクスチャは、常にゼロ・ポイント/ローテーションで追加されます。
三つの位置軸(X、Y、Z)がすべて 0.000m、回転軸がすべて 0.0°になります。

今のところ grandMA3 ソフトウェアは、メートルと度単位でのみ動作します。

 

フィクスチャの Position や Rotation の編集は以下のように行ってください。

  1. 配置したいフィクスチャの行を見つけます。
  2. 必要な部分を編集します。
  3. 新しい値を入力してください。

 

3D Window によるフィクスチャ配置

3D Window は、フィクスチャの配置・回転に利用できます。ウィンドウは、タイトルバーの Mode ボタンをタップして Setup モードにする必要があります

このモードでは、エンコーダ・ツールバーが以下のように変わります。


エンコーダによるフィクスチャの配置と回転

このツールバーには、エンコーダがフィクスチャにどう影響するのかを変更する種々のボタンがあります。

一般的な手順は以下のようになります。

  1. 移動させたいフィクスチャを選択します。
  2. 必要な操作に合わせて、ツールバーの設定を変更します。
  3. エンコーダで値を調整してください。

エンコーダ値には、選択されているフィクスチャに応じて関連する値が表示されます。エンコーダを回すと、選択されているフィクスチャの Position や Rotation 値が変化します。

 

各ボタンは以下のような機能を持ちます。