3D空間へのフィクスチャ配置

3D ウィンドウ は、3D空間内のフィクスチャやオブジェクトを視覚化します

これを強力なツールとして利用するには、フィクスチャを3D空間に配置する必要があります。仮想フィクスチャは、現実のフィクスチャと一致するように配置・回転させてください。

フィクスチャの位置を変更するには、Patch による方法3D ウィンドウによる方法、または Position Calibration による方法 の3通りがあります。

Patch によるフィクスチャ配置

Patch らフィクスチャを配置する最良の方法は、Live Patch から行うことです。

  1. Menu を押します。
  2. Live Patch をタップします。
  3. Menu のタイトルバーで ColumnsFull モードになっているのを確認してください。

Patch では、各フィクスチャの行に対して、Position および Rotation 値の列があります。


Patch - Position と Rotation 値

新しいフィクスチャは、ゼロ・ポイント位置に回転なしで追加されます。

ゼロ・ポイントは、三つすべての Position 軸(X、Y、Z)で 0.000m に、すべての Rotation 軸で 0.00° になります。

 

今のところ grandMA3 ソフトウェアは、メートルと度単位でのみ動作します。

 

フィクスチャの Position や Rotation の編集は以下のように行ってください。

  1. 配置したいフィクスチャの行を見つけます。
  2. 必要な部分を編集します。
  3. 新しい値を入力してください。

 

3D ウィンドウによるフィクスチャ配置

3D ウィンドウでは、フィクスチャを配置したり回転させたりできます。そのためには、タイトルバーにある Mode をタップして、ウィンドウを Setup モードにする必要があります。

このモードでは、エンコーダ・ツールバーが以下のように変わります。


エンコーダによるフィクスチャの配置と回転

このツールバーには、エンコーダがフィクスチャにどう影響するのかを変更する種々のボタンがあります。一部は標準機能で変わりませんが、他は選択した機能に応じて変化します。

一般的な手順は以下のようになります。

  1. 移動させたいフィクスチャを選択します。
  2. 必要な操作に合わせて、ツールバーの設定を変更します。
  3. エンコーダで値を調整してください。
 

エンコーダには、選択されているフィクスチャに応じて関連する値が表示されます。エンコーダを回すと値が変化し、選択されているフィクスチャの位置や回転が変わります。

以下は、Position と Rotation に対する標準ボタンです。

 

Position Arrangement ツール

Position Arrangement ツールには、3種類の配置タイプがあり、選択されているオブジェクトを、LineGrid、または Circle 状に配置できます。

このツールは、エンコーダ・ツールバーの Function を Arrangement にするとアクセスできます。3種類の配置タイプ(Layout Type)には、それぞれに固有のエンコーダ機能とボタンがあります。また、以下のような共通ボタンもあります。

Line

フィクスチャをライン上に配置します。3軸すべて対し、ラインの起点と長さをエンコーダで設定します。Line Up という特殊ボタンをタップすると、フィクスチャのベースがラインに合うように調整できます。

Grid

フィクスチャを、2Dグリッドの行と列に配置します。エンコーダによって、行および列の数と、それらの間隔を設定します。
以下のような特殊ボタンがあります。

 

Circle

フィクスチャをサークルやらせん状に配置します。 エンコーダは、Radius Start、Radius Delta (Radius が変化する場合)、Angle Start、および Angle Range の設定用に変わります。Angle Start は、先頭フィクスチャのサークル上での位置を設定します。Angle Range は、円弧(360未満の値)または多重サークル(360を超える値)を作成するのに用いられます。

以下のような特殊ボタンがあります。

 

Position Calibration によるフィクスチャ配置

フィクスチャの Position Calibration システムは、実際の空間にある既知の三つまたは四つのポイントを照らすのに必要な Pan/Tilt 値に基づいて、フィクスチャ位置を計算します。ポイントは1〜3だけでも十分ですが、四つのポイントすべてを用いることで最良の結果が得られます。

四つのポイントは、すべてのフィクスチャに対して同じである必要はありません。各フィクスチャは、それぞれに固有のポイントを持つことができます。3D ウィンドウが Setup モードで、Position Calibration ポップアップが開いていると、ポイントは、3D ウィンドウで赤、緑、青、黄の八面体で表示されます。

ポップアップは、エンコーダバー(前述 を参照)の Calibrate Position ボタンをタップすると開きます。


Position Calibration ポップアップ - いくつかの選択されたフィクスチャとそれらの値

ポップアップでは、選択されているフィクスチャが行として表示され、列が4色のセクションに分けられています。

各セクションには、その較正ポイントのX、Y、Z値と、そこを照らすための Pan/Tilt 値があります。

下部には、各ポイントに対する Pan/Tilt 値を保存したり、それを呼び出したりするためのボタンがあります。また Position の計算を開始するために必要な Solve ボタンもあります。

較正ポイントに合う Pan/Tilt Position を記録するには、Store Px をタップします。Call Px をタップすると、保存した Position を呼び出して、それをさらに改善できます。

ヒント
四つの較正ポイントを利用することをお勧めします。三つだと較正の質が低下します。
 

フィクスチャの較正は、以下のように行います。

  1. Position Calibration ポップアップを開きます。
  2. 較正するフィクスチャを選択します。
  3. Position Calibration ポップアップで、各フィクスチャに対して、較正ポイント(P1〜P4)の実際の空間における座標を指定します。
  4. Pan/Tilt によって各フィクスチャをそれぞれの較正ポイントに合わせ、それらの Position を保存します。
  5. Solve をタップします。
  6. ポップアップを閉じます。

これで、フィクスチャは、実際の空間での値に合わせて移動・回転するようになります。

コマンドラインの利用

較正ポイントの保存と呼び出しや、較正を行うために、以下のようなコマンドを利用できます。

選択されている実際のフィクスチャの Position を較正ポイント1に保存します。

User name[Fixture]> Action "StoreCalibrationPoint1"

選択されている実際のフィクスチャに対する較正ポイント1の Position を呼び戻します。

User name[Fixture]> Action "CallCalibrationPoint1"

現在選択されているフィクスチャを較正します。

User name[Fixture]> Action "SolveCalibration"