Live Patch

Live Patch メニューは、機能が制限されたバージョンの Patch メニュー です。Patch メニューに似ていますが、一部のボタンがなく、一部の列は背景が暗くなっていて編集できません。

Live Patch の背後にある考え方は、システムへの新しいショーのアップロードが必要ない要素だけを変更できるということです。

これは、フィクスチャ/オブジェクトの追加や削除が行えないことを意味しています。

Live Patch では、以下の列項目を変更できます。

フィクスチャ位置の自動計算に用いられる四つのポイントの列があります。詳しくは 3D空間へのフィクスチャ配置 を参照してください。

他の列の詳細については、Patch メニュー を参照してください。

Live Patch で行われた変更は、直ちに反映されます。

左側の一番下にある RDM ボタンで、RDM Fixtures メニューにアクセスできます。 ここには、RDMによって検出されたフィクスチャが一覧表示されます。 詳しくは RDM (Remote Device Management) を参照してください。