Position プリセットによるサークル・フェイザーの作成

このトピックでは、相対的なサークル・フェイザーの作成について説明します。これは、絶対ポジション(例: Position プリセット)とともに使用できます。

必要条件:

以下の例では、相対フェイザーを Position プリセット(例: Demo show の Middle Position プリセット)とともに使用する場合の推奨手順を示しています。

まず、相対サークル・プリセットを作成します。

  1. 目的のフィクスチャを選択します。これは、相対サークル・フェイザーを用いる可能性のあるすべてのフィクスチャかれしれません。
  2. Phaser Editor の左側にある R+ をタップします。
  3. 青いグリッド中央のすぐ上をタップします。

相対サークルの最初のポイント
  1. 青いグリッド中央のすぐ下をタップします。
    → これで二つの相対ポイントができます。

二つのステップ/ポイントがサークルの基準
  1. Select All Steps (左側メニューの最後のボタンまたは Step Bar の右端のボタン) をタップします。
  2. Move Handle (円に十字矢印) をタップします。
  3. タップし、一方のポイントから直角方向に動かします。
  4. 適切な円を描くようになったら、画面を離してください。

完成した相対サークル
  1. これを、グローバル・プリセットとして保存してください。この一般的なサークル・フォームを、多くのフェイザーで利用できるようになります。

ここで、既存の Position プリセット(Middle )を統合する必要があります。これには Integrate キーワード キーワードを用います。

  1. 目的のフィクスチャを選択します。
  2. 相対サークル・プリセットをタップします。
  3. すべてのステップ/ポイントが選択されていることを確認してください。Select All Steps ボタンをタップします。
  4. MA + At と押して、Integrate コマンドを取得します。
  5. 目的の Position プリセットをタップしてください。

これで、円周上の相対ポイントは、Position プリセットを参照するようになります。

結果は以下のようになります。


Middle Position の周りを回るフィクスチャ

これは、新しいプリセットとして保存できます。